各種動力サイクルの最適動作点の探索

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

各種動力サイクルの最適動作点の探索

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Optimization of Tehrmodynamic Cycles
責任表示:
伊藤 猛宏(九州大学・工学部・教授)
ITO Takehiro(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
本研究では,アンモニアー水混合物を動作媒体とするカリナ・サイクルをボトミング側としたコンバインド・サイクルおよびHATサイクルについて最適動作点を求め,それぞれ蒸気ランキン・サイクルをボトミング側としたコンバインド・サイクルおよび単純なガスタービン・サイクルと比較して熱力学的性能の評価を行った. カリナ・サイクルをボトミング側としたコンバインド・サイクルは蒸気ランキン・サイクルをボトミング側としたコンバインド・サイクルと比較して熱源温度が低いと高性能を示すが,高いときはアンモニアー水混合物を用いる利点が小さくなることが分かった.HATサイクルについては,単純なガスタービン・サイクルに比較して熱効率の向上が見られたが、NO_x生成量はさほど少なくないことが判明した。 また,LNG冷熱利用によるサイクルとして,R-13サイクルとメタンサイクルの複合サイクルの検討を行った.R-13サイクルでは,海水を高温熱源とし,LNGを低温熱源とし,R-13サイクルを通過したLNGは,海水で加熱されて二段のメタンタービン動作させる.計算においては,動作圧力,R-13とメタンの流量比等をパラメータとした.その結果,R-13サイクルの出力はメタンサイクルの約1/2であり,R-13サイクルの出力を上げることが,全体のサイクルの最適化に寄与すること,高圧凝縮器内でのR-13とメタンの温度差を小さくすることで有効率を増加させることができる,などの知見を得た. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
水-空気混合物による高温面の冷却特性 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro
8
ヘリウムII液面の精密測定法 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro
10
圧縮液領域のヘリウムIIの熱伝達 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro
6
高性能沸騰伝熱面の伝熱促進機構 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro
6.
高性能沸騰伝熱面の伝熱促進機構 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro
7.
水-空気混合物による高温面の冷却特性 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro
8.
ヘリウムII液面の精密測定法 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro
10.
圧縮液領域のヘリウムIIの熱伝達 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro