「間」の微気候的環境調節機能による新都市型戸建住宅の開発研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

「間」の微気候的環境調節機能による新都市型戸建住宅の開発研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A study on the development for the new urban typology of detached houses supported by the micro-climate environment contorol ability of "Ma/inbetween" area
責任表示:
竹下 輝和(九州大学・工学部・教授)
TAKESHITA Terukazu(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
1.本研究は,都市地域における比較的密度の高い戸建住宅地を想定して2戸連環境調節機能型戸建住宅(住宅周囲に発生する微気候的環境状態を再構成した住宅モデル)のモデルデザインシミュレーヨンを行ったものである。このために2戸連住宅モデルの基本形状を4タイプ作成し,その1/(10)モデルの屋外環境実験の実測データを再集計して精緻化し,その環境特性を把握した。 2.この結果,微気候的環境状態の基本的特性として建物周囲の風流として壁面流域と中心軸域の差異が大きいこと,戸建住宅の燐棟間を閉鎖した場合の対流型環境状態の有効性が高いこと,風上と風下の風圧差による室内換気の優位性が明快なこと及び基本形状4タイプ(標準型,凹凸型,中庭型,スリット凹凸型)によって微気候的環境状態が大きく異なることが明らかになった。 3.続いて,4タイプ基本形状より実際の適応性が高い,中庭型,くさび型について風流のCGシミュレーションを実施した。CGシミュレーションは基本型を含め3タイプで、風向は3方向,風速はH=10.0mで5m/sを想定し,CGの出力は風ベクトル水平断面(H=1.0m,3.5m),風速のカラーマップ(平面),風の流線表示(H=3.5m)を行い,この結果,中庭型及びくさび型の有用性が高いことを実証した。 4.最後に,中庭型を基本形とした都市型2戸連住宅モデルを作成した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

11
住意識の構造的分析 by 竹下 輝和
2.
郊外戸建住宅地の住宅管理システムの開発研究 by 竹下 輝和; TAKESHITA Terukazu
11.
住意識の構造的分析 by 竹下 輝和