アポE欠損ノックアウトマウスの動脈硬化の進展と退縮の食品成分による制御

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

アポE欠損ノックアウトマウスの動脈硬化の進展と退縮の食品成分による制御

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Dietary Regulation of Development and Regression of Atherosclerosis in Apo E Deficient Mice
責任表示:
今泉 勝己(九州大学・農学部・教授)
IMAIZUMI Katsumi(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1997
概要(最新報告):
日本人の食生活の欧米化に伴い動脈硬化性心疾患が増加していることから、この疾患を抑制するような食構成を構築することは重要である。本研究では、外因性高コレステロール血症を呈するExHCラットとヒトに類似の動脈硬化病変を呈するアポE欠損マウスを用いて、食事タンパク質の影響を検討した。 高ビタミンDを予め投与し、動脈硬化食を6カ月与えたExHCラットでは、食事タンパク質として与えた大豆タンバタ質はカゼインと比較して動脈硬化の進展を顕著に抑制した。そこで次に、ヒトに類似の動脈硬化病変を呈するアポE欠損マウスを用いて大豆タンパク質の効果を食事にコレステロールを添加あるいは無添加の条件で検討した。何れの条件でも大豆タンパク質はカゼインと比較して動脈硬化病変を軽減することが確認できた。大豆タンパク質にはエストロゲン様の作用を示すイソフラボンが含まれていることから、イソフラボンの抗動脈硬化作用についても検討したが、そのような効果は認められなかった。一方、大豆タンパク質の抗動脈硬化作用はそのアミノ酸混合物でも確認できた。そこで、両タンパク質構成アミノ酸組成において顕著に異なるメチオニン、アルギニンの抗動脈硬化作用について検討し、カゼインへのアルギニンの添加によって動脈硬化病変の軽減化が観察できた。このアルギニンの作用の一部は、血清で窒素酸化物の増加が観察されたことから、NOの動脈での作用を介して発現することが推定された。何れの動物の場合にも食事の大豆タンパク質やそのアミノ酸は血清のコレステロール濃度には顕著な影響を及ぼさなかった。 以上の結果から、大豆タンパク質は動脈硬化の進展を抑制する作用があること、その作用の一部は動脈壁へのその構成アミノ酸あるいは代謝産物の直接的な作用に基づくことが示唆された。 続きを見る
本文を見る

類似資料: