熱帯性タマネギ(シャロット)およびその近縁種の種内分化に関する研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

熱帯性タマネギ(シャロット)およびその近縁種の種内分化に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
STUDIES ON INTRASPECIFIC DIFFERENTIATION IN TROPICAL ONION (SHALLOT) AND ITS RELATIVES
責任表示:
大久保 敬(九州大学・農学部・助教授)
OKUBO Hiroshi(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1997
概要(最新報告):
アジア各地から収集したシャロットもしくはワケギ228系統を供試し,葉,球根や花の形態と開花特性に基づいてグループ化を試み,ほとんどの系統がシャロット群かワケギ群かに分類されることを示した. アイソザイム分析で,シャロットとワケギを容易に区別できること,日本,韓国,台湾の系統はすべてワケギで,タイ,マレーシア,バングラデシュの系統はすべてシャロットであるが,インドネシアにはシャロットとワケギが混在していることが明らかとなり,なかでも西ジャワおよび南スマトラでもっとも多くの特異的な変異が存在することから,この地域がワケギの起源地である可能性が示唆された.さらに,RAPD分析で遺伝的変異の多様性を,葉緑体DNAのPCR-RFLP分析で,ほとんどのワケギの系統は既知のようにネギを母親とした雑種であるが,一部の系統はシャロットを母親としたワケギであることをはじめて明らかにした. 生理学的にはまず,耐病性との関連が示唆されている球根の保護葉の色素と色素発現を調べ、主要アントシアニン色素(An)はシャロット、ワケギのいずれでもシアニジンであり、フラボノール(F1)としてはケルセチンのみが検出され,F1/Anはシャロットとワケギでは明らかに異なること、いずれの種にも紫外線除去下での色素発現が安定な系統と不安定な系統があることを示した.また,球根形成に及ぼす日長および温度の影響,球根の休眠の程度について調査し,日長不感応型系統や低温感応型系統が存在し,休眠の深さにも大きな変異があることを明らかにした.さらに,アイソザイム,DNAおよび形態に基づく分類のそれぞれの関連性についても検討し,ともに高い割合で関連していることを示唆した. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
Dormancy In Shallot (Allium cepa var. ascalonicum) and Allium × wakegi Bulbs and Its Breaking by Scale Cutting by Arifin, Noor Sugiharto; Okubo, Hiroshi; Miho, Noriko; 大久保, 敬; 三保, 紀子
9
ユリ属植物の休眠に関する研究 by 大久保 敬; OKUBO Hiroshi
6
Variation of Pigments in the Bulbs of Shallot (Allium cepa var. ascalonicum) and Allium × wakegi by Arifin, Noor Sugiharto; Miyajima, Ikuo; Okubo, Hiroshi; 宮島, 郁夫; 大久保, 敬
6.
Variation of Pigments in the Bulbs of Shallot (Allium cepa var. ascalonicum) and Allium × wakegi by Arifin, Noor Sugiharto; Miyajima, Ikuo; Okubo, Hiroshi; 宮島, 郁夫; 大久保, 敬
7.
Dormancy In Shallot (Allium cepa var. ascalonicum) and Allium × wakegi Bulbs and Its Breaking by Scale Cutting by Arifin, Noor Sugiharto; Okubo, Hiroshi; Miho, Noriko; 大久保, 敬; 三保, 紀子
9.
ユリ属植物の休眠に関する研究 by 大久保 敬; OKUBO Hiroshi