日本型イネ間のDNA多型検出とマップの作成

閲覧数: 15
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本型イネ間のDNA多型検出とマップの作成

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
DETECTION OF DNA POLYMORPHISMS AND CONSTRUCTION OF LINKAGE MAP BASED ON JAPONICA RICES
責任表示:
吉村 淳(九州大学・農学部・教授)
YOSHIMURA Atsushi(九州大学・農学部・教授)
岩田 伸夫(九大・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1997
概要(最新報告):
RFLP地図は利用場面が多いが,日本型イネの間でのRFLP地図の利用は皆無といった状況である.そこで、本研究では,「日本型イネ間のDNA多型検出とマップの作成」を計画した.以下,概要を示す. 日本型品種間の交配(「台中65号」/「日本晴」)による雑種後代F_2を用いたDNAマーカー連鎖地図の作成を目的とし,RAPD・RFLP分析を用いてマーカーの集積を行った.800種類のRAPDプライマー検索から64個のRAPDマーカーとRFLPマーカー12個を同定した.これらの連鎖分析により合計67マーカー(RAPDマーカー58個,RFLPマーカー9個)からなる13個の連鎖群が得られた.RFLPマーカーと座乗染色体を特定づけたRAPDマーカーから,12個の連鎖群が染色体2と7を除く10本の染色体に対応することを推定した.さらにはF2マッピングに供試したF2集団100個体をもとに,単粒系統法(1個体から採種した1粒の種子から次代を育成)により世代を進め,得られたF7世代95系統のうち,88系統をマッピングに供試した.その結果,67マーカー(RAPDマーカー57個,RFLPマーカー10個)からなるRAPD/RFLP連鎖地図を作成した.このはF7世代はほぼ固定系統集団であるので,今後DNAマーカーを日本型イネ間でDNAマーカーをマップする時に,強力な武器となる. また,得られたRAPDマーカーを用いて福岡県農業総合試験場で維持管理している日本型水稲20品種の品種識別を試みた.16種類のプライマーを用いたDNAフィンガープリンティングの結果から,20品種を識別できる6個のRAPDマーカーを選定した.これらのRAPDマーカーは簡易抽出したDNAを使用したときにも検出され,DNA簡易抽出法の適用が可能であることがわかった. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
Trial Construction of Molecular Linkage Map of Japonica Rice by Kubo, Takahiko; Yoshimura, Atsushi; Iwata, Nobuo; 久保, 貴彦; 吉村, 淳; 岩田, 伸夫
2
イネの遺伝子マッピングの新展開 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
3
DNAマーカーを利用したイネの効率的育種技術の開発 by 吉村 淳; YOSHIMURA Atsushi; 岩田 伸夫
10
植物病原菌類の分子分類基盤の確立 by 古屋 成人; FURUYA Naruto
5
イネ遺伝子資源の開発と同定 by 大村 武; 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
2.
イネの遺伝子マッピングの新展開 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
3.
DNAマーカーを利用したイネの効率的育種技術の開発 by 吉村 淳; YOSHIMURA Atsushi; 岩田 伸夫
5.
イネ遺伝子資源の開発と同定 by 大村 武; 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
7.
Trial Construction of Molecular Linkage Map of Japonica Rice by Kubo, Takahiko; Yoshimura, Atsushi; Iwata, Nobuo; 久保, 貴彦; 吉村, 淳; 岩田, 伸夫
10.
植物病原菌類の分子分類基盤の確立 by 古屋 成人; FURUYA Naruto