風・波などの外乱の影響を補償する船舶の操縦運動制御システムの研究

閲覧数: 10
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

風・波などの外乱の影響を補償する船舶の操縦運動制御システムの研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Study on the Automatic Maneuvering System of a Ship for the Disturbance
責任表示:
小川原 陽一(九州大学・工学部・教授)
OGAWARA Yoichi(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
1.風による外乱の操縦運動への影響を表わす数学モデルの研究 現在船舶の操縦運動を表わす数学モデルとして最もよく用いられているいわゆるMMGモデルに風の影響を付加したものを導出し、計算機シミュレーションによる検討のための制御対象の数学モデルを求めることができた。 2.補償システムにおいて簡易に風外乱を推定する数学モデルの研究 風によって船体に働く風圧力および風圧モーメントの推定は、Isherwoodの簡易推定式を用いて精度よくかつ簡便に求められることを、以前行われた模型実験結果を用いて検証することができた。 3.風の影響を補償するシステムの補償性能の研究 (1)学習機能により、逆伝達関数を用いた線形の補償システムで十分な補償ができることを確認した。 (2)フィードフォワード方式による補償のため、外乱の影響に対して速やかな補償を行うことができることが判明した。 4.複数外乱(風と潮流など)に対する補償システムの研究 (1)複数の外乱が存在する場合にも、複数の外乱の影響の補償が相互干渉することなく良好に制御できることが明らかになった。 (2)複数の制御量と複数の外乱に対応する極めて複雑なシステムの場合にも、多くの学習方程式の最適な係数を決める方法を見いだし、実用上十分な学習速度を確保することを可能とした。 続きを見る
本文を見る

類似資料: