1,3-双極性環状付加反応の不斉触媒化

閲覧数: 16
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

1,3-双極性環状付加反応の不斉触媒化

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
CATALYZED ASYMMETRIC 1,3-DIPOLAR CYCLOADDITION REACTIONS
責任表示:
金政 修司(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
KANEMASA Shuji(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
複素環化合物の有用な合成手段である1,3-双極性環状付加反応の不斉触媒化を目的として、アリル系アルコールを親双極子として用いるニトリルオキシドおよびニトロン双極子との反応についての研究を行った。その結果、以下の知見を得た。 1)ベンゾニトリルオキシドとアリル系アルコールとの反応は、マグネシウムイオン触媒下において大きく加速されることを見い出した。 2)α位にキラル中心をもつアリル系アルコールとのマグネシウムイオン触媒下での反応では、高いシン選択性が発現する。 3)γ位に置換基をもつ基質とのマグネシウムイオン触媒下での反応では、5位にヒドロキシメチル基をもつイソオキサゾリンがレギオ選択的に生成する。 4)マグネシウムイオン触媒下での反応の加速は、置換基を多くもつ基質ほど顕著で、γ位が2つのメチル基で置換された場合には16000倍の反応加速が認められた。 5)マグネシウムイオン触媒下のメシトニトリルオキシドとアリルアルコールとの反応において34回の触媒サイクルが成立する。 6)しかし、同じ反応に化学量論量の(R,R)-1,2-ジフェニル-1,2-エタンジオールのビス(ジフェニルメチルシリル)エーテルを共存させても、不斉誘起は認められなかった。 7)その他に、(R,R)-1,2-ジフェニル-1,2-エタンジオールのビス(ジフェニルメチル)エーテル、ビス(トリフェニルメチル)エーテルなどの新規キラル配位子を合成した。 8)アリルアルコールの代わりにクロチルアルコールを用い、環状付加反応のレギオ選択性を調べる実験では、ニトリルオキシドの種類に関係なくマグネシウムイオン共存下での反応が禁止された。 9)DBFOXキラル配位子で修飾されたマグネシウムイオン触媒下では、アリルアルコールとのニトロン環状付加反応が高い不斉誘起を示したが、ニトリルオキシド環状付加反応はやはり大きく減速した。 続きを見る
本文を見る

類似資料: