自然の浄化力を利用した水質改善環境護床ブロックの開発

閲覧数: 11
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

自然の浄化力を利用した水質改善環境護床ブロックの開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of concrete block for improving water environment by making use of natural purification
責任表示:
小松 利光(九州大学・工学部・教授)
KOMATSU Toshimitsu(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
より良い川の環境を創造するため、洪水時には護床機能を、通常の流れにおいては魚類の生息場所となると共に水質環境改善機能を有する環境護床ブロック(テクノロック)を河川に施工した。その結果、テクノロック施工区間内でのBOD5の減少がみられた。特に流入BOD5濃度が高いときにその差が顕著に現れた。テクノロック以外のブロック施工区間以外では、様々な護床ブロックが使われているが、BOD5で見る限り、水質は浄化されていなかった。 しかし、出水時にテクノロック内部での、土砂の堆積、或いは洗掘の発生が、ブロック内の生態系に悪影響を及ぼす可能性が懸念された。そこで、テクノロックの護床機能及び生態系育成・水質浄化機能を保持し、更に洗掘及び砂礫の堆積を最小限に抑えられるように改良するため、ブロックの縦穴部に様々な形状の遮蔽物を取り付け、洗掘、堆積防止機能を調べた。その結果、両防止機能を持った2層構造の環境護床ブロックが考案され、ビオテクノロックと命名された。 既に、ビオテクノロックは実際の河川に施工されている段階である。山形県の施工例では、施工後3〜4週間での出水時の観測であったにもかかわらず、ブロック内に、付着藻類及びウグイの群が、確認された。 さらに、河川の生態系を豊かにするため、石垣の思想及び2層構造の概念を取り込み、水質浄化・吸い出し防止機能を有し、かつ緑の景観に覆われる環境護岸ブロックの開発を行った。これらの環境護床・護岸ブロックを一体として用いることにより、生態系育成機能を有する新しい河川環境の創造が可能になった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
水環境保全のための生物学 by 須藤, 隆一; 小浜, 暁子; 徐, 開欽; 稲森, 悠平; 李, 玉友; 秋葉, 道宏; 金, 主鉉; 藤本, 尚志
10
環境水浄化技術 by 菅原, 正孝
6
水環境の浄化・改善技術 by 菅原, 正孝
12
水生生物による水質環境基準の複合毒性評価 by 小玉, 明子; 木下, 雄次郎; 石橋, 克巳; 山ロ, 邦子; 中川, 久機; Kodama, Akiko; Kinoshita, Yujirou; …
6.
水環境の浄化・改善技術 by 菅原, 正孝
7.
水環境保全のための生物学 by 須藤, 隆一; 小浜, 暁子; 徐, 開欽; 稲森, 悠平; 李, 玉友; 秋葉, 道宏; 金, 主鉉; 藤本, 尚志
10.
環境水浄化技術 by 菅原, 正孝
12.
水生生物による水質環境基準の複合毒性評価 by 小玉, 明子; 木下, 雄次郎; 石橋, 克巳; 山ロ, 邦子; 中川, 久機; Kodama, Akiko; Kinoshita, Yujirou; …