カルボニル求核付加反応の経路:中間体、遷移状態と選択性

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

カルボニル求核付加反応の経路:中間体、遷移状態と選択性

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Reaction Route of Nucleophilic Addition to Carbonyl Compounds : Intermediate, Transition State and Selectivity
責任表示:
山高 博(大阪大学・産業科学研究所・助教授)
YAMATAKA Hiroshi(大阪大学・産業科学研究所・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
芳香族アルデヒドやケトンの求核付加反応には1段階で進む極性機構(PL)と一電子移動により開始され、ラジカルイオン中間体を経由して2段階で進む機構(ET-RC)の二つの反応経路がある。本研究では、比較的単純なアルキルリチウム試剤(MeLi、PhLi、CH_2=CHCH_2Li)に加え、アルキルリチウムにカルバニオンを安定化するような置換基を導入し、その求核性を変化することにより反応機構がどのように変化するかを調べる目的でフェニルチオメチルリチウム、シアノメチルリチウム、およびピナコロンエノラートとベンゾフェノン、ベンズアルデヒドとの反応を検討した。反応経路の解析は、反応速度同位体効果、置換基効果、エノンの異性化および脱ハロゲン化プローブ実験などの結果を総合して行った。その結果、ピナコロンエノラート以外のリチウム試剤の反応は電子移動を経由して反応し、ET過程が律速の機構で進行するのに対し、ピナコロンエノラートでは極性機構で反応が進むと結論できた。 リチウム試剤の安定性を炭素アニオンの共役酸の酸性度で評価すると、この反応機構の変化とリチウム試剤の安定性との間に相関関係があることがわかる。気相におけるプロトン解離平衡のΔHは、CH_<3->H、Ph-H、CH_2=CHCH_2-H、PhSCH_2-H、NCCH_2-H、および(CH_3)_3C(C-O)CH_2-Hについて416.8、400.8、390.8、381.6、372.8、および368.1kcal/molとなり、共役酸の酸性度が高く求核試剤として安定になると一電子移動を経る機構から極性機構へ変化するものと考えられる。このことは、電子移動過程の方が極性付加過程よりも求核剤の反応性により敏感であることを意味しており、化学反応性を支配している要因を理解する上で、興味深い。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
構造-反応性相関の新展開 by 三島 正章; MISHIMA Masaaki
7
水素結合型誘電体の量子効果の検証 by 町田 光男; MACHIDA Mitsuo
2
気相における求核性の解析 by 三島 正章; MISHIMA Masaaki
3
遷移金属イオンと有機分子間の相互作用 by 三島 正章; MISHIMA Masaaki
10
新規π電子系化合物の合成、構造、および機能 by 新名主 輝男; SHINMYOZU Teruo
1.
構造-反応性相関の新展開 by 三島 正章; MISHIMA Masaaki
2.
気相における求核性の解析 by 三島 正章; MISHIMA Masaaki
3.
遷移金属イオンと有機分子間の相互作用 by 三島 正章; MISHIMA Masaaki
7.
水素結合型誘電体の量子効果の検証 by 町田 光男; MACHIDA Mitsuo
10.
新規π電子系化合物の合成、構造、および機能 by 新名主 輝男; SHINMYOZU Teruo