高強度乱れ場の空間微細構造計測のための焦点間隔可変式2焦点LDVの開発

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高強度乱れ場の空間微細構造計測のための焦点間隔可変式2焦点LDVの開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of Two-Focus LDV System for Analysis of Spatial Structure of Turbulence
責任表示:
城戸 裕之(九州大学・工学部・教授)
KIDO Hiroyuki(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1996
概要(最新報告):
乱流燃焼の立場からは、燃焼速度に大きな影響を及ぼす火炎構造に対して、乱れの特性として乱れ強さだけではなく乱れの空間スケールも密接な関係があることが明らかになってきた。従来、多くの場合において1点での時間相関とテイラーの仮説から乱れの空間スケールを推算する手法がとられている。乱れの空間構造は本質的には2点同時刻空間相関によりはじめて明らかになるものであるが、そのようにして求めたものは非常に少ない。 このように、乱れの空間スケールが乱流燃焼において重要であることは明らかになりつつあるが、乱れの各種スケールの測定についての厳密性はあまり認識されておらず、その計測システムの開発も遅れている。本研究では、乱れの空間スケールを直接測定するための焦点間隔可変式2焦点LDV装置の開発を行った。また、この装置を用いて、風洞と密閉容器内の流れ場の乱れの空間スケールを求め以下の結論を得た。(1)2点での同時流速測定を行うための焦点間隔可変式2焦点LDVにより、最小焦点間隔0.5mmまで同時流速測定が可能となった。(2)平均流速が乱れ強さの5〜8倍程度あるような流れ場においても、テイラーの仮説に基づく空間スケールと相互相関関数から直接求めた空間スケールがかなり異なる。(3)密閉容器内で平均流(主流)が存在しない流れ場においても、乱れの空間スケールをこの装置により求めることが可能である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

12
Handbook of turbulence by Frost, Walter, 1935-; Moulden, Trevor H.; University of Tennessee
12.
Handbook of turbulence by Frost, Walter, 1935-; Moulden, Trevor H.; University of Tennessee