火山観測用ペネトレーターの開発

閲覧数: 25
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

火山観測用ペネトレーターの開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
DEVELOPMENT OF THE PENETRATOR FOR VOLCANO OBSERVATION
責任表示:
清水 洋(九州大学・理学部・助教授)
SHIMIZU Hiroshi(九州大学・理学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
雲仙火山の噴火では火砕流が多発し山体斜面を流下したため、地震観測網の展開に大きな制約を受けた。そこでわれわれは、活動的な火山における地上アクセス困難域での地震観測を実現することを目指して、上空から投下して使用できるペネトレーター観測システムの開発研究をおこなった。開発は以下の手順で進めた。 1.ダミ-の投下実験を実施して地面貫入時の衝撃加速度を測定した。 2.ダミ-投下実験の結果、数1000Gの耐衝撃性能が必要であることが判明したので、それを考慮に入れて機器の仕様を作成した。また、地震計を常に鉛直に保つため、回転機構(ジンバル)の開発が必要であることがわかった。 3.ペネトレーターの投下・貫入後、地震データをリアルタイムで基地局に伝送する無線テレメータシステムを開発した。テレメータ送信機の使用する水晶発振子については衝撃試験を実施して選定した。 4.投下実験を通じて、ペネトレーター投下地点の測位方法を確立した。 5.ペネトレーター観測システムのプロトタイプモデルを製作して投下実験を実施し、機器の動作状態をチェックした。その結果、機体強度や貫入深度のコントロールに問題があることが判明した。 6.投下実験結果に基づいて機器の改良を行い、再度投下実験を実施した。その結果、回転機構になお若干の問題があるものの、センサーやテレメータの耐衝撃性能は充分であることが確かめられた。 上記の開発研究によって、火山観測用ペネトレーターを実用化するうえでの技術上の課題はほぼクリアできたと考えている。今後さらに若干の改良を行って実用化を目指したい。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
地震觀測法 by 和達, 清夫
5
生体用テレメータ・電気刺激装置 by 綿貫, 喆; 内山, 明彦; 池田, 研二
6
雲仙火山1991年6月3日の火砕流による人的被害 by 杉本, 伸一; 長井, 大輔; Sugimoto, Shinichi; Nagai, Daisuke
12
Telemetry by Young, R. E.
5.
生体用テレメータ・電気刺激装置 by 綿貫, 喆; 内山, 明彦; 池田, 研二
6.
雲仙火山1991年6月3日の火砕流による人的被害 by 杉本, 伸一; 長井, 大輔; Sugimoto, Shinichi; Nagai, Daisuke
9.
地震觀測法 by 和達, 清夫
12.
Telemetry by Young, R. E.