水上栽培法による植物生産並びに水質浄化に関する研究

閲覧数: 26
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

水上栽培法による植物生産並びに水質浄化に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on bio-production and water cleaning by floating culture plants
責任表示:
縣 和一(九州大学・農学部・教授)
WAICHI Agata(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
平成6年度においては,水上栽培技術の基本となる筏の素材,栽植密度,肥料の種類と施肥量などについて検討し,標準となる基本技術を確立した.また水上栽培に適する種の選定を30種の植物を対象に行った.その結果,カンナとシュロガヤツリが生育旺盛で水上栽培に最適であることがわかった.この2種のバイオマス量および窒素分析値から求めた水中からの窒素収奪量は大きく,水質浄化効果の高いことが立証された. 次にコムギとイネで施肥量とバイオマス,収量との関係を実験した結果,コムギ,イネとも水上栽培区は無栽培区に比べて水中のNO3-N,NH4-N,全リン濃度が低く,CODは水上栽培区で顕著に減少することが明らかになった. 平成7年度は,平成6年度の結果から明らかになった水上栽培に適するカンナ,シュロガヤツリの2種を対象に水上栽培におけるバイオマス量,水質浄化能を土耕栽培と比較した.またカンナを対象に生長解析,光合成測定を行い水上栽培植物の特性を明らかにした.さらに数種植物の根の組織構造を土耕栽培と比較した. その結果,(1)カンナ,シュロガヤツリとも土耕栽培に比べて水上栽培ではバイオマス生産が顕著でカンナで4倍,シュロガヤツリで5倍の値が得られた.植物体の窒素分析から窒素含有率とバイオマス量を乗じた両植物の水中からの窒素収奪量は大きく水質浄化能の高いことが明らかになった.特に,シュロガヤツリは窒素以外にリン,カリの含有率が高く,水中からのリン,カリの収奪量が顕著で両成分のエリミイネーターになることが判明した. (2)水上栽培したカンナの高いバイオマス生産は面積生産速度の大きいことに加えて単位葉面積当たり乾物生産速度(NAR)が高いこと,高いNARは光合成速度が水上栽培カンナで大きいこと,さらに高い光合成速度は気孔を介してのCO2拡散系と葉肉組織における高いCO2固定能力にあることが要因解析から明らかになった. (3)水上栽培植物は土耕栽培植物に比べて根の破生組織がよく発達する傾向がみられたが,これには種間差がみられ,双子葉植物に比べて単子葉植物で発達が著しかった.また破生組織の発達と根の比重との間に高い相関関係がみられた. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
自己組織化マップを利用した富栄養化貯水池の季節的な水質変動特性の定量的評価 by 増野, 希陸; 原田, 昌佳; 平松, 和昭; 丸居, 篤; Masuno, Kiroku; Harada, Masayoshi; Hiramatsu, Kazuaki; Marui, Atsushi
9
家庭系生ごみのバイオマス利活用にむけた地域の協力行動の影響要因の分析 : 大木町を事例として by 近藤, 加代子; 堀, 史郎; 永野, 亜紀; Kondo, Kayoko; Hori, Shiro; Nagano, Aki
11
水稲生産における好気発酵液肥の稲わら腐熟促進剤および窒素肥料としての施用効果の評価 by 平井, 康丸; Hirai, Yasumaru; 猿田, 恵輔; Saruta, Keisuke; 河合, 憲三; Kawai, Kenzo; 首藤, 大比古; …
12
バイオマス廃棄物の流体燃料への転換 by 野中 壮泰; NONAKA Moriyasu
3.
自己組織化マップを利用した富栄養化貯水池の季節的な水質変動特性の定量的評価 by 増野, 希陸; 原田, 昌佳; 平松, 和昭; 丸居, 篤; Masuno, Kiroku; Harada, Masayoshi; Hiramatsu, Kazuaki; Marui, Atsushi
9.
家庭系生ごみのバイオマス利活用にむけた地域の協力行動の影響要因の分析 : 大木町を事例として by 近藤, 加代子; 堀, 史郎; 永野, 亜紀; Kondo, Kayoko; Hori, Shiro; Nagano, Aki
11.
水稲生産における好気発酵液肥の稲わら腐熟促進剤および窒素肥料としての施用効果の評価 by 平井, 康丸; Hirai, Yasumaru; 猿田, 恵輔; Saruta, Keisuke; 河合, 憲三; Kawai, Kenzo; 首藤, 大比古; …
12.
バイオマス廃棄物の流体燃料への転換 by 野中 壮泰; NONAKA Moriyasu