公物法の基礎理論・行政実務の日独比較研究-道路法、河川法を中心として

閲覧数: 22
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

公物法の基礎理論・行政実務の日独比較研究-道路法、河川法を中心として

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
大橋 洋一(九州大学・法学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994
概要(最新報告):
1(1)本研究の成果は、自治研究誌に4回にわたって論文として公表することができた。研究の蓄積の著しく乏しい分野であるだけに、今回の比較研究は公物法理の今後の研究にとって、一つの基礎的な分析として参照される機会が多い者と考える。 2研究の具体的内容 (1)本研究ではわが国の伝統的な公物法理論がモデルとしてきたドイツ法の変化を追い、現段階のドイツ法理論の状況を(不満足なものではあるが)概観してきた。そこには、公物の利用関係を権利の体系として構築しようとする努力や、基本権(とくに表現の自由)との関連で公物法制の指導指針を探求する解釈論、公物の公用開始・廃止における行政手続の整備・市民参加の拡充、合意形成型組織としての営造物の活用など、わが国の伝統的な理論の知らなかったドイツ法の進展を数多く確認することができた。結論として、わが国の公物法論は古いドイツ法の段階で固定している状況を明確に示すことができた。今後は、ドイツの道路法が権利の体系として法文を置いていたことなどを参考に、立法論のレベルでも改革が必要であることを示唆している。 (2)ドイツ法の研究を通じても今回の研究でなお充分な比較のできなかった課題としては、法定外公共用物の管理法理論、総合調整のシステム化の問題がある。今後は、(1)計画手法、(2)通達手法、(3)契約手法、(4)手続手法、(5)組織手法、(6)事務区分による手法、(7)人事手法といった手法について、比較法研究及び実態分析が課題となろう。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
行政法基礎理論 by 千, 柄泰
3
実験法律の比較構造分析 by 大橋 洋一; OHASHI Yoichi
9
行政法の基礎理論 by 磯部, 力; 小早川, 光郎; 芝池, 義一
10
行政法の基礎理論 by 柳瀬, 良幹
11
行政法の基礎理論 by 田中, 二郎
6
都市計画法の比較研究 : 日独比較を中心として by Brohm, Winfried, 1932-; 大橋, 洋一
12
行政法の基礎理論 by 柳瀬, 良幹
3.
実験法律の比較構造分析 by 大橋 洋一; OHASHI Yoichi
6.
都市計画法の比較研究 : 日独比較を中心として by Brohm, Winfried, 1932-; 大橋, 洋一
7.
行政法基礎理論 by 千, 柄泰
9.
行政法の基礎理論 by 磯部, 力; 小早川, 光郎; 芝池, 義一
10.
行政法の基礎理論 by 柳瀬, 良幹
11.
行政法の基礎理論 by 田中, 二郎
12.
行政法の基礎理論 by 柳瀬, 良幹