北西九州・中国西部の古第三紀広域テフラの研究

閲覧数: 24
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

北西九州・中国西部の古第三紀広域テフラの研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on the Paliogine tephron in Northwest Kyushu and West Chugol
責任表示:
宮地 六美(九州大学・大学院・比較社会文化研究科・教授)
MIYACHI Mutsuai(九州大学・大学院・比較社会文化研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
2年間に亘る研究によって、北西九州から中国西部にかけての広大な地域の第三系に多数のテフラが挟まれていることが判明した。その火山学的・堆積学的研究から供給源は、45〜20Maに対馬-五島列島西方沖合いに在ったと推定される火山前線上の火山に求められることが明らかとなった。九州本土に到達したテフラは、火砕流堆積物、マグマ水蒸気爆発にともなう火砕サージ堆積物、降下軽石・火山灰、火山性土石流堆積物、火山豆石などに分類される。火砕流に巻き込まれた炭化樹木の輝炭反射率の研究から、火砕流堆積物が九州本土に到達したときの温度は550℃以上であったと推定された。 一方、対馬の対州層群に挟まれる火山砕屑岩層の研究から、同層が水中火砕流堆積物であることが判明した。同層は軸流方向に(南西-北東)40km以上に亘って追跡され、その体積は少なくとも40km^3以上あり、噴火当時は120km^3以上の巨大噴火であったことが明らかとなった。この水中火砕流の一部は九州本土にも達しており、唐津炭田の岸岳または竹有凝炭岩がその南方延長であると推定される。 今後も更に火砕堆積物の火山学的・堆積学的研究を続け、その年代を決定し、陸弧時代のアジア大陸東縁のテクトニクスと古環境の復元につとめる計画である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
ジルコンの蛍光スペクトル by 進野 勇; Shinno Isamu
8
ジルコン中の放射性元素と蛍光 by 進野 勇; SHINNO Isamu
9
ジルコンの迅速分離手法とU-Pb年代測定への適用例 by 北野, 一平; 小山内, 康人; 中野, 伸彦; 足立, 達朗; 吉本, 紋; Kitano, Ippei; Osanai, Yasuhito; Nakano, …
7.
ジルコンの蛍光スペクトル by 進野 勇; Shinno Isamu
8.
ジルコン中の放射性元素と蛍光 by 進野 勇; SHINNO Isamu
9.
ジルコンの迅速分離手法とU-Pb年代測定への適用例 by 北野, 一平; 小山内, 康人; 中野, 伸彦; 足立, 達朗; 吉本, 紋; Kitano, Ippei; Osanai, Yasuhito; Nakano, …