肝硬変・肝癌とC型肝炎ウイルス感染に関する分子疫学的研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

肝硬変・肝癌とC型肝炎ウイルス感染に関する分子疫学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
田中 恵太郎(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994
概要(最新報告):
本研究では、肝硬変・肝細胞癌とC型肝炎ウイルス(HCV)感染の関連を患者対照研究の手法で検討した。測定系として第2世代抗HCV抗体(anti-HCVII)のradioimmunoassayを用い、またpolymerase chain reaction(PCR)によるHCV-RNAの検出・typingを行った。患者群は昭和60年〜平成元年にかけて九大病院を受診した肝硬変患者75名・肝癌患者91名であり、対照群は博多保健所の成人健診受診者409名である。これらの対象者の血清は-70℃にて凍結保存された。飲酒・喫煙などの生活習慣については詳細な面接調査を行った。 anti-HCVII陽性率は、肝硬変群76%・肝癌群80%・対照群11%であり、HBs抗原陰性の肝硬変群・肝癌群ではそれぞれ84%・97%と極めて高率だった。肝癌群と対照群のanti-HCVII陽性者について、PCRによるHCV-RNAの検出を行った結果、肝癌群78%・対照群53%にHCV-RNAが検出された。また、HCVのgenotype(岡本分類)の頻度を比較すると、肝癌群においては、対照群と比べ、II型・(II+III)型が多く、III型が少ない傾向が見られた(p=0.05)。I型は検出されず、IV型は対照群に1名見られたのみだった。anti-HCVIIに基づくHCV感染の相対危険は肝硬変48倍・肝癌303倍に達し、HCV感染の人口寄与危険は肝硬変74%・肝癌80%と推定された。多量飲酒(日本酒換算3合10年以上)とHCV感染の交互作用を検討した結果、多量飲酒単独では肝硬変・肝癌発生のリスク上昇は軽度であるが(相対危険:肝硬変2.0、肝癌0.7)、多量飲酒とHCV感染が同時にある場合、その相対危険は肝硬変93倍・肝癌661倍と著名に上昇する事が見い出された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

12
広範微小肺腫瘍塞栓によって呼吸不全を来たした肝細胞癌患者の一例 by 田中, 紘介; 中舎, 晃男; 宮崎, 将之; 高尾, 信一郎; 樋口, 野日斗; 田中, 正剛; 田中, ゆき; …
12.
広範微小肺腫瘍塞栓によって呼吸不全を来たした肝細胞癌患者の一例 by 田中, 紘介; 中舎, 晃男; 宮崎, 将之; 高尾, 信一郎; 樋口, 野日斗; 田中, 正剛; 田中, ゆき; …