EBウイルス関連胃悪性腫瘍の臨床病理学的および分子生物学的研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

EBウイルス関連胃悪性腫瘍の臨床病理学的および分子生物学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
中村 昌太郎(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994
概要(最新報告):
1.胃Carcinoma with lymphoid stromaについて: この補助金申請中に、その80%以上の症例にEBウイルスが関連していることを、DNA-RNAレベルで明らかにした我々の論文が発刊された(Nakamura et al.Cancer 1994;73:2239)。その後、これらEBER1の発現が証明されている症例につき、特異的核抗原のひとつEBNA2(DAKO,PE2)と膜蛋白LMP1(DAKO,CS1-4)のモノクローナル抗体にて免疫染色を行った結果、carcinoma with lymphoid stromaは40例全例が陰性であった。すなわち、本腫瘍における潜在EBウイルス関連遺伝子産物の発現パターンは、EBER1+/EBNA2-/LMP1-(Lat I)であり、バ-キットリンパ腫と同様のパターンと考えられた。これは、最近他施設から提出された報告(Fukayama et al.1994,Imai et al.1994)と合致するが、一部の例ではLMP1+との報告(Kida et al.1993,Takano et al.1994,Mori et al.1994)もあり、今後さらなる検討が必要である。 2.胃原発悪性リンパ腫について: 233症例の臨床病理学的解析を行い、単変量解析では、年齢・T/B表現型・組織学的悪性度・肉眼型・ステージ・深達度・MIB-1(Ki-67)indexが、予後と有意に相関しており、多変量解析の結果、T/B表現型・ステージおよび肉眼型が、独立した予後規定因子であることを明らかにした(第84回日本病理学会発表予定、論文投稿中)。また、癌関連遺伝子関連産物であるbc1-2(DAKO,124)とp53(Oncogene Science,PAb1801)の免疫染色を行い、各々の発現頻度は組織学的悪性度に相関しており、さらに両者の発現は、有意な逆相関を示すことを見いだした(1994年10月第53回日本癌学会にて発表、論文投稿中)。現在EBウイルスの検索を行っている。 続きを見る
本文を見る

類似資料: