分子動力学法による沸騰核生成過程の研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

分子動力学法による沸騰核生成過程の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
井上 剛良(九州大学・機能物質科学研究所・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994
概要(最新報告):
気泡核生成は、核沸騰はもとより種々の沸騰・蒸発現象および減圧過程において重要であり、伝熱工学の分野ではこれまで精力的に研究が行われてきている。しかし、どのようにして気泡核が生成され、成長するのかなど、気泡核生成の初期過程に関しては十分には明らかにされていない。そこで、本研究では気泡核生成の素過程を定性的に明らかにすることを目的として、分子動力学法による気泡核生成過程のシミュレーション実験を行い、このような現象を取り扱う場合の計算対象とする分子数や基本セルの大きさの検討、さらには圧力一定と言う条件を課すことの妥当性について検討した。 計算においては単原子分子で構成される2次元の均質な液体を考え、この平衡状態にある液体の一部にある時刻に瞬間的にエネルギーを与えることにより気泡核が形成される過程を考えた。その結果以下の結論を得た。 1.気泡核生成現象のように短時間の間に急激な体積変化を伴う相変化をシミュレーションする場合においては、圧力一定の条件を課すことは妥当ではない。 2.このような現象のシミュレーションにおいては対象とする分子数が数百から数千程度では十分ではなく、圧力を制御することが妥当でないことを考慮すると、計算対象とする分子数や基本セルの大きさが本質的に重要な要素であることがわかった。 これらの点を改善して現在さらに大規模な数値シミュレーションを進行しているところである。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
分子動力学パッケージMASPHYC(Materials Explorer) by 梅林, 泰宏; Umebayashi, Yasuhiro; 竹内, 宗孝; Takeuchi, Munetaka
8
フーヴァー分子動力学入門 by Hoover, William G.; 田中, 実
5
分子反応動力学 by Levine, Raphael D.; 鈴木, 俊法; 染田, 清彦
11
薄膜混合潤滑におけるナノ表面構造の働き by 杉村 丈一; SUGIMURA Joichi
6
分子動力学シミュレーション by 神山, 新一; 佐藤, 明
2.
分子動力学法を用いた結晶性材料の粒界構造とエネルギー評価 by 池田, 賢一; Ikeda, Ken-ichi; Ikeda, Kenichi
5.
分子反応動力学 by Levine, Raphael D.; 鈴木, 俊法; 染田, 清彦
6.
分子動力学シミュレーション by 神山, 新一; 佐藤, 明
7.
分子動力学パッケージMASPHYC(Materials Explorer) by 梅林, 泰宏; Umebayashi, Yasuhiro; 竹内, 宗孝; Takeuchi, Munetaka
8.
フーヴァー分子動力学入門 by Hoover, William G.; 田中, 実
11.
薄膜混合潤滑におけるナノ表面構造の働き by 杉村 丈一; SUGIMURA Joichi