常磁性磁化率測定による基本的非ケクレ炭化水素の基底状態スピン多重度の決定

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

常磁性磁化率測定による基本的非ケクレ炭化水素の基底状態スピン多重度の決定

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Determination of Ground State Spin Multiplicity of Basic non-Kekule Hydrocarbons by Measuring Paramagnetic Susceptibility.
責任表示:
岩村 秀(九州大学・有機化学基礎研究センター・教授)
IWAMURA Hiizu(九州大学・有機化学基礎研究センター・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
2,3-ジメチレンシクロヘキサ-1,4-ジイル(1)はdisjointのジラジカルであるテトラメチレンエタンの類縁体であり、基底状態が3重項であるか1重項であるか実験、理論両面で議論されてきた。今回、この分子についてESRスペクトル及び磁化測定により基底状態についての研究を行った。 W.R.Rothの方法によりオルトフタル酸から出発して、7段階で5,6-ジメチレン-2,3-ジアザビシクロ〔2,2,2〕オクト-2-エンを合成し、MTHF剛性溶媒中で光フィルターを通した高圧水銀ランプの光を用いて、ESRキャビティー中で光分解反応を行い1を得た。光分解反応の条件を詳細に検討することにより、この光分解反応は用いる光の波長により、異なった生成物を与えることが明らかとなった。312.6nmの光では、D値、E値共に大きい三重項由来のシグナルが、また302.2nmの光では、D値、E値共に小さい三重項のシグナルが観測された。3重項に特徴的なg=4のシグナルは前者の312.6nmの輝線での生成物にのみ観測された。このことからこの光分解反応では二段階の反応が起きており、前者の方を目的物と決定した。ジラジカルの磁化の磁場依存の測定では、一重項と三重項が縮重いている結果を与えた。本研究は非ケクレ分子の化学結合論に残された重要な問題に終止符をうつものである。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

6
分子の集積・組織化の精密設計と機能制御 by 岩村 秀; 新海 征治; SHINKAI Seiji
6.
分子の集積・組織化の精密設計と機能制御 by 岩村 秀; 新海 征治; SHINKAI Seiji