命令型・宣言型並行プログラムにおける従属性に関する一般的理論の構築と応用

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

命令型・宣言型並行プログラムにおける従属性に関する一般的理論の構築と応用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A General Theory of Program Dependencies in Imperative and Declarative Concurrent Programs and Its Applications
責任表示:
程 京徳(九州大学・大学院・システム情報科学研究科・教授)
CHENG Jingde(九州大学・大学院・システム情報科学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1996
概要(最新報告):
命令型並行プログラムにおける多重制御流れと多重データ流れを表現できる有向グラフとして我々が導入した非決定的定義使用ネットを、宣言型並行プログラムにおける多重制御流れと多重データ流れを表現できるように拡張し、命令型・宣言型並行プログラムにおけるプロセス相互作用の表現モデルを構築した。 並行論理型プログラムにおけるプロセス相互作用の表現モデルに基づいて、並行論理型プログラムにおける引数間の共有変数による共有従属性、引数間の通信による通信従属性、および引数間の同一化による同一化従属性という3種類の基本的なプログラム従属性を新たに提案し、それらの形式的定義を与えた。また、これらの従属性を解析するアルゴリズムを開発し、それらを明示的に表現するモデルとして、並行論理型プログラムの引数従属ネットを新たに提案した。更に、並行論理型プログラムの静的スライスと実行可能な静的スライスを定義し、引数従属ネットに基づいてこれらのスライスを計算するアルゴリズムも開発した。 CC++で書かれたプログラムを対象プログラムとして、オブジェクト指向並行プログラムにおける従属性を解析する技法を提案し、オブジェクト指向並行プログラムの静的スライスを計算するアルゴリズムも開発した。 関数型プログラムの抽象的表現として評価順序グラフと束縛評価グラフを提案し、関数型プログラムにおけるプログラム従属性の形式的定義と解析、関数型プログラムの理解、テスト、デバッグ、複雑さ計測、保守へのそれぞれの応用を示した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
Effect of Working Fluids on Cut-off Grinding of Silicon by Outer Blade by Koshima, Kazuhiko; Onikura, Hiromichi; 鬼鞍, 宏猷; Sajima, Takao; 佐島, 隆生
9.
Effect of Working Fluids on Cut-off Grinding of Silicon by Outer Blade by Koshima, Kazuhiko; Onikura, Hiromichi; 鬼鞍, 宏猷; Sajima, Takao; 佐島, 隆生