熱的マランゴニ対流と単結晶育成[表面張力の温度係数の符号の影響]

閲覧数: 19
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

熱的マランゴニ対流と単結晶育成[表面張力の温度係数の符号の影響]

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Marangoni convection and single crystal growth : effect of the sign of temperature coefficient of surface tension
責任表示:
今石 宣之(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
IMAISHI Nobuyuki(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
半導体や酸化物などの高品位単結晶の製造のために,単結晶育成炉内の融液の流れを正確に理解し,合目的的に制御する技術を開発することが要求されている。このなかで,自然対流に関する理解はかなり深まっているが,表面張力対流(マランゴニ対流)およびマランゴニ対流と自然対流の共存対流についての基礎的理解が不足している。マランゴニ対流は,微小重力環境における流体運動の基礎科学としても重要である。 本研究では,マランゴニ対流の基礎的理解を深めるため,通常の流体と異なる表面張力の温度係数&sigma;T (σT≡∂σ/∂T)を持つ溶融苛性ソーダ(NaOH)の微小液柱内に生じるマランゴニ対流,および溶融NaNO_3の液柱内に生じるマランゴニ対流と自然対流の共存流について,実験および数値解析による検討を行い,下記の結果を得た。 1)溶融NaOHの表面張力を,最大泡圧法を用いて測定し,融点(600K)〜T^*=725Kの温度域ではσT>0,T^*以上の温度域ではσT<0となることを明らかにした。 2)T^*以下の低温域では,表面液が定温度点から高温度点へと向かう方向に流れるマランゴニ対流が観察された。実測した流速分布等は,数値解析結果と良く一致した。 3)T^*以上の温度域では,通常の流体におけるマランゴニ対流と同様に,高温度点から定温度点へ向かって流れる表面流が観察され,数値解析結果と良く一致した。 4)加熱板温度がT^*の近傍に設定される場合,温度および温度差に依存して,液柱内には2〜4個のロールセルが発生する。このマルチロールセル流れの発生機構は数値解析の結果,定量的に説明できた。 5)液中を水平に置いた場合に生じるマランゴニ対流と自然対流との共存流の解析用の3次元数値解析コードを開発し,NaNO_3融液に対して解析を行い,実験結果を説明した。 続きを見る
本文を見る

類似資料: