マイクロ波・光回路における結合モード理論とその応用に関する研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロ波・光回路における結合モード理論とその応用に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A STUDY ON THE COUPLED-MODE THEORY FOR MICROWAVE AND OPTICAL WAVE CIRCUITS AND ITS APPLICATION
責任表示:
安元 清俊(九州大学・大学院・システム情報科学研究科・教授)
YASUMOTO Kiyotoshi(九州大学・大学院・システム情報科学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1996
概要(最新報告):
多数の伝送路間の結合問題を系統的に取り扱うために、結合モード理論を基にした新しい近似解法を提案するとともに、それらを応用して、多層多導体線路系、結合光導波路系の解析を行い、以下の成果及び知見を得た。 1.多層多導体線路系に対して、一般化された相反定理を基にした結合モード理論と特異摂動論を基にした結合モード理論を定式化し、スペクトル領域ガラーキン法を援用した数値計算の手続きを与えた。 2.同一面上に配置された対称マイクロストリップ線路、非対称マイクロストリップ線路、多重マイクロストリップ線路、及び異なった面上に配置された結合マイクロストリップ線路の分散特性の解析を行い、提案した結合モード理論がいずれも精度の良い近似解法であることを示した。 3.非線形光導波路系に対して、特異摂動論を基にした結合モード理論がベクトル・モードに適用できるように理論を拡張した。その結果を用いて、非線形光ファイバカプラの解析を行い、光スイッチングにおける偏波効果を明らかにした。 4.光波長分離デバイスとして、グレーティングが二重に装荷された三つの光導波路から成る方向性結合器を提案し、結合モード理論による解析の結果、従来のGrating-Assisted Two-Waveguide Couplerに比べて非常に鋭い波長選択性が得られることを明らかにした。 5.光導波路系に対する結合モード理論を用いて、三つの非線形光導波路から成る対称非線形方向性結合器の入出力特性を解析し、外側の二つの導波路間のスイッチング特性が中央の導波路に入射させた微弱な制御光の位相によって制御できることを明らかにした。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
光導波路解析 by 小柴, 正則
8
光導波路の基礎 by 岡本, 勝就
3
A Novel Coupled-Mode Formulation Based on Singular Perturbation Technique by Watanabe, Koki; Yasumoto, Kiyotoshi; 安元, 清俊
10
広帯域局在光制御有機導波路レーザーの創製 by 渡邉 博文; WATANABE Hirofumi
6
可変波長レーザーの集積化の研究 by 前田 三男; MAEDA Mitsuo
3.
A Novel Coupled-Mode Formulation Based on Singular Perturbation Technique by Watanabe, Koki; Yasumoto, Kiyotoshi; 安元, 清俊
6.
可変波長レーザーの集積化の研究 by 前田 三男; MAEDA Mitsuo
7.
光導波路解析 by 小柴, 正則
8.
光導波路の基礎 by 岡本, 勝就
10.
広帯域局在光制御有機導波路レーザーの創製 by 渡邉 博文; WATANABE Hirofumi