大気海洋間の物質・熱・運動量の交換過程計測用海面ブイシステムの研究

閲覧数: 12
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

大気海洋間の物質・熱・運動量の交換過程計測用海面ブイシステムの研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Study on momentum, heat flux and substance exchange between atmosphere & ocean
責任表示:
小寺山 亘(九州大学・応用力学研究所・教授)
KOTERAYAMA Wataru(九州大学・応用力学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
従来は船舶海洋工学の分野においては、運動計測には慣性ジャイロと加速度計・ポテンショメータの組み合わせが主なものであった。このシステムは多くの実績があり、信頼性も高いが価格・消費電力・重量・保守管理の面で、使用者に過大な負担とのなる場合があった。本研究では、圧電振動ジャイロを用いた安価・低電力・軽量・小型の角速度計を開発し、沖縄南方海上における海上実験を行った。さらに、ブイシステムの運動応答の6自由度の計算法及び係留ラインの運動と張力の計算法を開発した。係留ラインの運動の数値計算法としては、有限要素法、ランプドマス法が考えられる。しかしながら、ブイシステムを構成する係留線の変形量は極めて大きく複雑であるために、変位のモードを固定して考える有限要素法は適用が困難であり、ブイシステムの形状がランプドマス法の概念に馴染みやすいので、計算はすべてランプドマス法によった。実験及び計算の対象浮体は、沖縄本島南方北緯26度、東経128度、水深約1200mの海域にケーブル・チェーンによる複合ラインで係留された排水量約50トン、直径約7mの円形ブイである。このブイのSurge,Sway,Heave,Roll,Pitch,Yawの運動を計測した。計測期間は1995年8月4日から9月6日までの約一ヶ月間である。同じ海域で、ウェーブライダー波浪観測ブイと合成開口レーダーによる波浪観測も合わせて行っているので、データの精度確認には、好都合である。得られた主な結論は (1)角度の計測は十分な精度を持っている。 (2)加速度を2回に積分して、運動変位を求める際に運動が小さい場合には、ノズの処理方法によっては計測誤差が大きくなる可能性がある。 今後は運動計測の結果と数値計算結果を比較し、精度向上に努める。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
実海域波浪中の水粒子運動の計測 by 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
8
海水打ち込みによる船舶の転覆機構の研究 by 大楠 丹; 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
10
海底資源精密探査ビーグルの運動制御の研究 by 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
11
汎用型曳航体運動制御装置の開発研究 by 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
12
大型海洋構造物の長周期動揺 by 小寺 山亘; KOTERAYAMA Wataru
1.
実海域波浪中の水粒子運動の計測 by 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
8.
海水打ち込みによる船舶の転覆機構の研究 by 大楠 丹; 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
10.
海底資源精密探査ビーグルの運動制御の研究 by 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
11.
汎用型曳航体運動制御装置の開発研究 by 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
12.
大型海洋構造物の長周期動揺 by 小寺 山亘; KOTERAYAMA Wataru