新しい船舶操縦性モデに関する総合的研究

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい船舶操縦性モデに関する総合的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Cooperative Research on New Ship Maneuvering models
責任表示:
中武 一明(九州大学・工学部・教授)
NAKATAKE Kuniharu(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
本研究は、新しい船舶操縦性モデルを導入するための基礎実験および船体とプロペラと舵に流体力学モデルを導入することに主眼を置いており、次の成果を得た。 1.肥大船が直進、斜航および施回している時の船体まわりの流れを、CFDを用いて計算するプログラムを作成した。得られた結果は実験値の傾向を良く説明している。 2.船長2.5mを持つ数式船型、貨物船型、タンカー船型の斜航状態におけるプロペラ面での伴流分布を計測し、プロペラ面全体および右舷側、左舷側の公称伴流率が斜航角と共に変化する様子を実験的に明らかにした。また3隻の船型について舵角試験を実施し、干渉流体力を実験的に明らかにした。 3.クロス・フローモデルによる斜航中の船体に動く流体力を計算するプログラムを作成した。 4.SQCMモデルを船体と舵に適用し、その有用性を確かめた。 5.船体として、小アスペクト比を持つ翼および実船型をプロペラの前方に置き、船体・プロペラと舵との相互干渉作用を明らかにした。 6.肥大船が直行・斜航・施回する時の船体表面圧力分布の計測を行い、横力とモーメントを求めた。またMMGモデルによる流体力の計算を行ない実験値と比較した。船尾の流場と船全体の圧力分布と作用流体力の性質が明らかになった。 7.肥大船の自航試験、舵角試験、施回試験を行い、各種流体力の性質を明らかにした。 8.一様流中でマリナ-舵のホーン部と可動部に働く流体力および等価舵と台形舵に働く流体力を計測して、その性質を明らかにした。特にマリナ-舵の舵トルクの特徴を通常舵と比べて明らかにした。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
高速船推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
7
規則波中の船の推進性能算定法に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
2
サーフェス・プロペラに関する総合的研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
3
高速船の推進性能算定に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
5
船の自航推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
6
船の推進性能を改良する前方翼車の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
12
Numerical Studies of Flow around a Wind Turbine Equipped with a Flanged-Diffuser Shroud using an Actuator-Disk Model by Ohya, Yuji; Uchida, Takanori; Karasudani, Takashi; Hasegawa, Masaru; Kume, Hiroshi; 大屋, 裕二
1.
高速船推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
2.
サーフェス・プロペラに関する総合的研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
3.
高速船の推進性能算定に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
5.
船の自航推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
6.
船の推進性能を改良する前方翼車の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
7.
規則波中の船の推進性能算定法に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
12.
Numerical Studies of Flow around a Wind Turbine Equipped with a Flanged-Diffuser Shroud using an Actuator-Disk Model by Ohya, Yuji; Uchida, Takanori; Karasudani, Takashi; Hasegawa, Masaru; Kume, Hiroshi; 大屋, 裕二