外国人子女教育に関する総合的比較研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人子女教育に関する総合的比較研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A Comprehensive Comparative Study on Education of Foreign Migrant Workers'Children
責任表示:
江淵 一公(九州大学・教育学部・教授)
EBUCHI Kazuhiro(九州大学・教育学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
この研究は、世界の主要先進工業国において等しく重要な社会的関心事となっている外国人移住労働者・移民の子どもたちの教育に関する政策的、理論的、実践的諸問題を文献並びに各種調査報告資料、あるいは分担者・協力者による実態調査等に基づいて比較研究を行い、近年わが国でも増加している外国人子女の教育のための政策的及び実践的知見を得ることの目的として、平成6年度及び7年度の2カ年にわたり実施された。 比較研究の対象国として、アメリカ、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツ、及び日本の6カ国を取り上げ、これらの対象課題に沿って研究組織を班別構成し、文献資料の収集及び実態調査を行った。具体的な研究課題としては、(1)外国人の労働移住に関する各国の法律・条例、(2)この問題に関する各国政府及び自治体レベルの政策・基本方針、(3)学校現場における外国人子女の実態とそれへの実践的対応方法、例えば、受け入れ体制、言語教育(生活言語と教科言語)、母国語保持の問題、言語教育と文化的適応教育などに関する諸計画、(4)外国人子女教育の理念(国民教育との関係など)及び理論(異文化間教育理論など)の4つの問題領域について、各国の実情及び研究の展開状況を把握するための文献資料を収集し、それらの比較分析を進めた。 研究の成果については、(1)この分野の文献目録の作成とデータベース化(平成6・7年度)、(2)全体研究会及び各班別研究の中間的成果をまとめた中間報告書の刊行(平成6年度)、及び(3)2カ年の研究成果をまとめた最終報告書の刊行を行った。その成果の要点については、平成7年度成果報告に記載している。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
異文化間教育の体系化に関する基礎的研究 by 江淵 一公; EBUCHI Kazuhiro; 吉谷 武志; YOSHITANI Takeshi
2
わが国における外国人児童生徒の文化的適応と教育に関する調査研究 by 稲葉 継雄; INABA Tsuguo; 江淵 一公; EBUCHI Kazuhiro
3
フランスにおける異文化間教育に関する研究 by 吉谷 武志; YOSHITANI Takeshi
10
Education, equality and social cohesion : a comparative analysis by Green, Andy, 1954-; Preston, John, 1967-; Janmaat, Jan Germen
1.
異文化間教育の体系化に関する基礎的研究 by 江淵 一公; EBUCHI Kazuhiro; 吉谷 武志; YOSHITANI Takeshi
2.
わが国における外国人児童生徒の文化的適応と教育に関する調査研究 by 稲葉 継雄; INABA Tsuguo; 江淵 一公; EBUCHI Kazuhiro
3.
フランスにおける異文化間教育に関する研究 by 吉谷 武志; YOSHITANI Takeshi
10.
Education, equality and social cohesion : a comparative analysis by Green, Andy, 1954-; Preston, John, 1967-; Janmaat, Jan Germen