民間巫者のカウンセリング機能の研究-沖縄と東北の民間巫者を主要対象として-

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

民間巫者のカウンセリング機能の研究-沖縄と東北の民間巫者を主要対象として-

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A Study on the Counseling Function of Shamans-Focusing on the Shamans of Okinawa and Tohoku-
責任表示:
吉良 安之(九州大学・健康科学センター・助教授)
KIRA Yasuyuki(九州大学・健康科学センター・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
沖縄の民間巫者"ユタ"7名、東北の民間巫者"カミサマ"3名から、成巫過程、世界観、カミ観念などに関して詳しい聞き取り調査を行うとともに、民間巫者の行う面接場面を観察した。また沖縄では民間巫者を利用した経験のある地元の住民に面接を行い、民間巫者をどのように利用しているかを調査した。 1.民間巫者の行う宗教的面接の特徴: (1)臨床心理学的カウンセリング面接との相違点 (1)民間巫者の行う宗教的面接における中核的な行為は、巫者が依頼者に関連した事柄について超自然的な方法で「当てる」ことである。(2)「当てる」ことによって巫者と依頼者の間に独特のラポールが形成され、それが巫者と依頼者との心理的共同作業を促進する。(3)巫者と依頼者とは共通した宗教的世界観を有しており、そのことが宗教的面接を依頼者にとって心理的に効果のあるものとしている。 (2)臨床心理学的カウンセリング面接との類似点 (1)新たな意味づけがなされることを通じて、依頼者の知覚している現象的場に変化と再体制化が起こる。(2)意識を超えた領域に開かれた態度が強調され促進される。 2.アイデンティティ:沖縄では、"ユタ"によるシジタダシなどによって祖先の歴史を発見し、その歴史に自己を関係づけることによってアイデンティテイの確認が行われている。 3.インフォーマル・サポートネットワーク:沖縄ではインフォーマルな家族支援ネットワークの中でユタが重要な役割を果たしている場合がある。 続きを見る
本文を見る

類似資料: