ねじれ(コ)ホモロジー群の超幾何関数への応用

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ねじれ(コ)ホモロジー群の超幾何関数への応用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
松本 圭司(広島大学・理学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994
概要(最新報告):
ねじれホモロジー群の交点理論は、九大 数理 吉田正章氏(分担者)と金沢大 教養 喜多通武氏により射影直線上での場合だけでなく一般の射影空間上に対して完成された。このことから超幾何微分方程式のモノドロミ-群もつ不変なエルミート形式がねじれサイクルの交点数を計算することにより具体的にしかも容易に求まるようになった。しかも与えられた超局面たちの配置がかなり複雑なものに対しても計算できるようになっているので、交点行列の行列式を計算することで構成したねじれサイクルたちが一次独立であることを調べることができるようになった。ねじれコホモロジー群の交点理論は、研究代表者と九大 数理 趙 康治氏により射影直線上での場合において完成された。さらに一般の射影空間上に対してもほぼ完成している。ねじれコホモロジー群の交点、ねじれホモロジー群の交点、積分という三つのpairingを結び付けることができ、Riemannの周期関係式のねじれ版を得ることができた。応用として多変数超幾何級数Lauricella's F_Dがみたす二次関係式をこの幾何学的な関係式より導くことができた。さらにこれらの理論の外積を考えることにより、k×l行列が変数となる一般化された(k,l)型超幾何級数に関する二次関係式が得られているだけでなく、超幾何周期行列の双対性に関する理論が喜多通武氏との共同研究によりできつつある。一方、吉田正章氏(分担者)と趙 康治氏により射影直線上のねじれ(コ)ホモロジー群と分岐被覆でできるRiemann面との(コ)ホモロジー群の比較定理も完成されている。また、合流型超幾何関数やq-analogへの応用も試みられている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
超幾何関数の研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
2
超幾何関数の幾何的研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
8
超幾何関数 by 原岡, 喜重
4
超幾何関数の多角的研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
11
超幾何関数論 by 青本, 和彦; 喜多, 通武
1.
超幾何関数の研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
2.
超幾何関数の幾何的研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
4.
超幾何関数の多角的研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
8.
超幾何関数 by 原岡, 喜重
11.
超幾何関数論 by 青本, 和彦; 喜多, 通武