3次元多様体の不変量とその応用

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

3次元多様体の不変量とその応用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
高田 敏恵(九州大学・大学院・数理学研究科・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994
概要(最新報告):
Nittenの3次元多様体の不変量構成のプログラムがReshetikhin.Turaev,Kirby,Melvinらによって、量子群Ug(slc_2,Cl)でgが1の中根の場合の表現を利用することによって、数学的に実現された.以前の研究において、それをUg(SlCN_1Cl)の場合に拡張した.更にその不変量を詳しく調べることにより、その不変量から、より精密な不変量を取り出した.Ug(Sl(2,C)の場合、その不変量にあたるものは、kirby,Melvinらによって発見され、村上斉氏によってその性質が詳しく研究された.それに対応する性質がUg(sl(n,C)の場合にでも成立するのではないかという予想のもとに、3次元多様体の中でも簡単な構造をもつLens spuceについて不変量の値を具体的に計算し、対応する性質が成り立つことを示した. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

6
位相幾何学の総合的研究 by 加藤 十吉; KATO Mitsuyoshi
6.
位相幾何学の総合的研究 by 加藤 十吉; KATO Mitsuyoshi
11.
数理物理と位相幾何学及び関連する代数構造 by 河野 俊丈; KOHNO Toshitake