マンガンカタラーゼの機能モデルに関する研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガンカタラーゼの機能モデルに関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
崎山 博史(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994
概要(最新報告):
本研究の目的は,錯体化学の立場からマンガンカタラーゼの活性中心の構造と反応機構を解明することにあり,特に今回は二核オキソマンガン(IV)中間体が活性種であるかどうかを検証することを目的としていた。まず第一に単核オキソマンガン(IV)中間体のカタラーゼ活性と溶液中での構造の関係について明らかにし,二核オキソマンガン(IV)中間体の重要性をするために,一連の単核マンガン(III)錯体を合成し,カタラーゼ類似活性を調べた。二核錯体に比べれば遥かに活性は小さいが単核錯体でも過酸化水素の不均化触媒能があることがわかった。このことから,先に報告した二核系での反応について,単核種が触媒するサイクルと二核種が触媒するサイクルが併発していることを裏付けた。また一連の単核マンガン(III)錯体の電気化学とカタラーゼ類似活性の関係を調べたところ,錯体が酸化されやすいほど,活性が大きいことを見いだした。このことは一般に信じられている低原子価機構ではなく,本研究において提案している高原子価機構を支持している。 その他の成果として,一連のマンガン二核錯体の過酸化水素との反応性を調べていくうちに,二つのマンガンイオンが等価な場合はカタラーゼ活性のみを示すが,二つのマンガンイオンが非等価な場合には何らかの副反応によって過酸化水素が消費されることがわかった。また,一連の錯体の中でカタラーゼ活性が異常に大きいものも見つかった。現在これらの錯体の活性が大きくなった理由を考察し,さらに高い活性を有するモデルを合成しようとしている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
動的錯体の自在制御に関する理論的研究 by 榊 茂好; SAKAKI Shigeyoshit
8
人工超分子による金属酵素反応の研究 by 成田 吉徳; NARUTA Yoshinori
9
ソルボリシス機構の統一的解釈 by 都野 雄甫; TSUNO Yuho
4
反応活性な多核金属錯体の設計合成と機能創成 by 大川 尚士; OKAWA Hisashi; 大場 正昭; OHBA Masaaki
10
量子化学計算による生物無機化学の新たな展開 by 吉澤 一成; YOSHIZAWA Kazunari
1.
動的錯体の自在制御に関する理論的研究 by 榊 茂好; SAKAKI Shigeyoshit
4.
反応活性な多核金属錯体の設計合成と機能創成 by 大川 尚士; OKAWA Hisashi; 大場 正昭; OHBA Masaaki
8.
人工超分子による金属酵素反応の研究 by 成田 吉徳; NARUTA Yoshinori
9.
ソルボリシス機構の統一的解釈 by 都野 雄甫; TSUNO Yuho
10.
量子化学計算による生物無機化学の新たな展開 by 吉澤 一成; YOSHIZAWA Kazunari