秋吉テレーンのペルム紀腕足類化石群の古生物地理学的研究

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

秋吉テレーンのペルム紀腕足類化石群の古生物地理学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Paleobiogeographical study on the Permian brachiopods of the Akiyoshi Terrane
責任表示:
柳田 壽一(九州大学・理学部・教授)
YANAGIDA Juichi(九州大学・理学部・教授)
柳田 寿一(九州大学・理学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
平成6年度は,主題に関連して秋吉石炭岩産後期石岩紀〜早期ペルム腕足類化石群変遷について収集試料の検討を行った.また秋吉テレーン内に分布するペルム系常森層の化石採集を精力的に行った.これらペルム紀腕足類との比較の目的で,検討する機会が得られたオマーン地域のペルム紀腕足類化石をも検討し,その成果を記載報告した. 平成7年度は,整理検討中の後期石炭紀初頭のWeiningia属の2種を記載し,古生物地理学的意義を明かにした.またペルム紀末〜三畳紀にかけての海生無脊椎動物群の大絶滅の解明が関連して,三畳紀のLingula属腕足類試料が秋吉近郊から多数採集できたので,その成果も報告した.またペルム系常森層からの腕足類化石群試料を併せて検討した.その結果,それらが中国の揚子卓状地付近の中期ペルム紀末から後期ペルム紀初頭の腕足類化石群と密接な関係をもつことが分かった.また常森層の化石群には,ラチス地域の温暖な水域の要素と共に,より高緯度の冷涼な水域の要素も混在することが分った.予察的には,秋吉生物礁複合体が中期ペルム紀ないし後期ペルム紀の初頭に揚子卓状地の北端付近に衝突付加した可能性が考えられること,そこでは上記の水域の腕足類が混在したことも示唆される.1995年9月カナダ東部サドベリ-のローレンシアン大学で開催された第3回国際腕足動物会議で成果を報告した.今後は秋吉石灰岩産石岩紀腕足類代石群とペルム系常森層産腕足類化石群を報告し,石炭紀らペルム紀末に至る間の腕足類化石群を通してみられる.西南日本の上部古生界の地史を明かにしたい. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

12
Atlas of palaeobiogeography by Hallam, A.
12.
Atlas of palaeobiogeography by Hallam, A.