トポロジーとその関連分野の研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

トポロジーとその関連分野の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
加藤 十吉(九州大学・大学院数理学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994
概要(最新報告):
横田佳之:トンネル数1の結び目の2つの連結和のトンネル数が3となることがあることを発見し,さらに,トンネル数の評価法を研究した。(佐久間誠,森元勤治との共同研究) 坂内悦子:スピンモデル,アソシェーションスキームの相対性及びモジュラー不変性の相互関係を研究し,ある種のアソシェーションスキームからスピンモデルを構成するアルゴリズムを見い出し,それを有限群から得られるアソシェーションスキームに適用して,そのモジュラー不変性を完全に決定し,さらに,非対称スピンモデルの構成に成功した。(坂内英一,F.Jaegerとの共同研究) 山田美枝子:ジョーンズ型対称スピンモデルの4つのうち2つが,ある4-weight スピンモデルから構成できること,また,4-weight スピンモデルがある条件をみたせば、その2倍のループ変数をもつ,しかも,その条件をみたす4-weight スピンモデルが構成できることを示し,実際,アダマ-ル行列からこの構成法により,その無限系列を構成した。 塩谷隆:下に曲率が有界な距離空間(アレキサンドロフ空間Xの特異集合S_Xの余ハウスドルフ次元が1以上であることを示し,X-S_Xにリーマン構造が入ることを示した。 川崎英文:動節点をもつスプライン関数によるチェビシェヲ近似問題を最適化問題として捉えると,1次の最適性条件をみたせば,2次の最適性条件をみたすという特殊な構造があることを発見した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
位相的量子計算の研究 by 樋上 和弘; HIKAMI Kazuhiro
2
アソシェーションスキームの研究 by 坂内 英一; BANNAI Eiichi
11
代数的組合せ論の総合的研究 by 坂内 英一; BANNAI Eiichi
2.
アソシェーションスキームの研究 by 坂内 英一; BANNAI Eiichi
7.
位相的量子計算の研究 by 樋上 和弘; HIKAMI Kazuhiro
11.
代数的組合せ論の総合的研究 by 坂内 英一; BANNAI Eiichi