日本企業の革新と企業者行為の研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本企業の革新と企業者行為の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Study of Japanese Company's Renewal and Entrepreneurial Action
責任表示:
塩次 喜代明(九州大学・経済学部・教授)
SHIOTSUGU Kiyoaki(九州大学・経済学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1996
概要(最新報告):
先行研究のサーベイ、企業トップへの聴き取り調査をくり広げてきたが、その結果以下の知見を得ることができた。 1.トップのみならず企業のあらゆる階層での企業者的行為(主意主義的な革新志向的行為)から価値合理的な戦略行動が創発してくる. 2.価値合理性は、企業が戦略的変革や革新行動に迫られるとき、人々を導く意思決定の前提として機能している. 3.この価値合理性は、公式の意思決定プロセスにビルトインされている目的合理性としばしば矛盾を生じるので、行為者は価値の正当性を確立するために経営資源を動員しようとする. 4.このようなプロセスが、経営の自己革新プロセスであると考えられる。 経営に参加する人々による企業者的行為を通じ創発する価値合理性が、企業の環境適応能力をつくりだすものであり、日本企業は自発的な主意主義的行為を創発する能力を進化させてきている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
風土文化の革新と地場産業地域の国際化 by 宮川 泰夫; MIYAKAWA Yasuo
11
大学の「国際化」と留学生教育 by 佐藤, 明; Sato, Akira
5.
風土文化の革新と地場産業地域の国際化 by 宮川 泰夫; MIYAKAWA Yasuo
11.
大学の「国際化」と留学生教育 by 佐藤, 明; Sato, Akira