ヒトパルボウイルスB19の未熟児発生要因に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトパルボウイルスB19の未熟児発生要因に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
布上 董(九州大学・医療技術短期大学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994
概要(最新報告):
研究目的:パルボウイルスB19による胎内感染で、胎児が貧血を起こし、1)死亡する場合、2)胎児水腫を起こす場合、3)貧血が持続し発育遅延を起こす場合、4)回復して正常に出生する場合があることをみてきた。今回、3)の状態の結果として生まれる未熟児が、未熟児の中に占める割合を知り、さらに胎児感染とIgGサブクラス(G1,2,3,4)との関連の有無を検討することを目的とした。 材料と方法:福岡市内で、1991〜93年に生まれた低出生体重児37例(双生児3組)とその母体10例につき臍帯血と母血清を材料とした。感染の証拠として、B19IgGとIgM抗体および、ゲノムDNAを検索した。抗体は酵素抗体法で、その抗原はバキュロウイスルにおけるVP1+VP2組み替え蛋白を用いた。ゲノムDNA検索は、プロテインキナーゼ;フェノール法で抽出したDNAをPCR増幅法でおこなった。プライマーは9組を使用した。IgGサブクラス定量は、バインディングサイトのEIAキットを利用した。 結果:1.抗体とDNAの検出は下表の通りであった。 2.IgGサブクラスは日本人の測定範囲にあったがG3は低値であった。 考察:臍帯血の検索から、未熟児に占めるB19感染が希ではないことを示した。2組で母血清と臍帯血の抗体とDNAに不一致があり、その根本的な理由について今後検討を要する。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
パルボウイルスB19抗原の作製 by 布上 董; NUNOUE Tadasu
5.
パルボウイルスB19抗原の作製 by 布上 董; NUNOUE Tadasu