高脂血症児のスクリーニングシステム、特にその精度に関する研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高脂血症児のスクリーニングシステム、特にその精度に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A study on the screening system of the children with hyperlipidemia, a special reference to its sensitivity and specificity
責任表示:
福重 淳一郎(九州大学・医学部・助教授)
FUKUSHIGE Junichiro(九州大学・医学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1996
概要(最新報告):
本邦学童における、社会・経済学的により効率の高い高脂血症児スクリーニング法を検討する目的で、福岡県粕屋郡久山町在住の小学1年生から中学3年生(6歳〜14歳)の児童・生徒を対象に、早朝空腹時の総コレステロール(TC)、中性脂肪(TG)、HDL-コレステロール(HDL)を測定した。さらに両親・祖父母のPremature cardiovascular disease;CVD(虚血性心疾患;狭心症、心筋梗塞、および脳卒中)の家族歴の有無をアンケート法にて調査した。 その結果、全対象902名中、小学1〜3年生の14%(37名)、同4〜6年生の16%(47名)中学1〜3年生の14%(48名)がCVDの家族歴を有していた。これら家族歴を有する児童・生徒のうち、小学1〜3年生8名(8/37;22%)、同4〜6年生9名(9/47;19%)、中学1〜3年生4名(4/48;8%)が、TC≧200mg/dl、TG≧160mg/dl、LDL-コレステロール(LDL)=TC-(HDL+TG/5)≧130mg/dl、HDL≦40mg/dl、AI;atherogenic index=(TC-HDL)/HDL≧3.0、の5項目のうち1項目以上の脂質値異常を有していた。一方、CVDの家族歴が認められない小学1〜3年生の28%、同4〜6年生の20%、中学1〜3年生の7%が同様の脂質値異常を有していた。したがって、同地域におけるCVDの家族歴に基づく選択的脂質スクリーニング法のspecificityは82%、sensitivityは16%ということになる。 この結果から、本邦における、CVDの家族歴の有無に基づく高脂血症児のスクリーニングにはとくに経済効率上の問題が大きいことが考えられる。しかし、全般的スクリーニングについても同様の問題が指摘されており、測定項目、検診年齢、検診回数を含めて更に検討が必要である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
長崎県油症患者における制御性T細胞(Treg細胞)の検討 by 峯, 嘉子; Mine, Yoshiko; 鍬塚, 大; Kuwatsuka, Yutaka; 宇谷, 厚志; Utani, Atsushi
9
高脂血症, 低脂血症 by 井村, 裕夫; 東野, 一彌; 山本, 章
10
高脂血症 by 日本臨牀社
11
高脂血症 by 中村, 治雄
12
高脂血症をめぐって by 亀田, 治男
2.
長崎県油症患者における制御性T細胞(Treg細胞)の検討 by 峯, 嘉子; Mine, Yoshiko; 鍬塚, 大; Kuwatsuka, Yutaka; 宇谷, 厚志; Utani, Atsushi
9.
高脂血症, 低脂血症 by 井村, 裕夫; 東野, 一彌; 山本, 章
10.
高脂血症 by 日本臨牀社
11.
高脂血症 by 中村, 治雄
12.
高脂血症をめぐって by 亀田, 治男