IL-6,IL-6レセプター関連遺伝子欠損及び導入マウスにおけるT細胞分化機構

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

IL-6,IL-6レセプター関連遺伝子欠損及び導入マウスにおけるT細胞分化機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
岡田 全司(九州大学・生体防御医学研究所・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994
概要(最新報告):
1.IL-6遺伝子ノックアウトマウスを用いたT細胞分化機構の解析:IL-6遺伝子ノックアウトマウス[IL-6(-/-)]はMax Plank研究所、G.Kohler博士が作製したものを共同研究で用いた。まずinvitroのMLTCの系において、アロ抗原を刺激細胞として用いた場合、IL-6(-/-)マウス脾細胞又は胸腺細胞は正常マウスのそれらに比しアロ抗原特異的キラーTの分化誘導が著明に抑制された。さらに、in vivoの系でp815癌細胞に対するキラーT分化を検討した結果、IL-6(-/-)脾細胞では正常マウス脾細胞に比し極めて弱いキラー活性しか認められなかった。すなわち、IL-6産生欠損マウスではキラーTの分化が阻止されることが明らかにされた。 2.IL-6transgenic(Tg)マウスを用いたT細胞分化機構の解析:IL-6Tgマウスではアロ抗原のみでなく同系腫瘍(免疫原性のFBL-3白血病及び低免疫原性のEL-4リンパ腫)に対する腫瘍特異的キラーTの分化誘導と抗腫瘍効果(腫瘍退縮)を示した。 IL-6transgenicSCIDを用いた生体内抗ヒト腫瘍効果の解析:IL-6TgSCIDに胃癌患者PBLを投与し、さらに自己胃癌細胞をi・p投与した。その結果自己癌に対するヒト・キラーT細胞が誘導され、ヒト癌に対する抗腫瘍免疫応答の迅速な生体内解析モデルが初めて確立された。 アデノウイルス・ベクターに導入したサイトカイン(IL-6)遺伝子(Adex・IL-6)の直接担癌生体投与によるT細胞分化誘導:Adex・IL-6をFBL-3白血病担癌マウスにi・p投与しCD8陽性腫瘍特異的キラーTの分化誘導を初めて明らかにした。このAdex・IL-6はヒトB腫瘍が生着したSCID-huにてもヒトB細胞癌に対するキラーT分化を誘導した。 以上1.〜4.の結果より、IL-6はマウスのみでなくヒト生体内におけるキラーT分化にいかに重要な働きをしているかを初めて明らかにした。 続きを見る
本文を見る

類似資料: