高速剪断作用による食物アレルゲンの破壊に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高速剪断作用による食物アレルゲンの破壊に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
STUDY ON INACTIVATION BUCKWHEAT ALLERGIC MATERIALS BY SHEAR EFFECTS.
責任表示:
早川 功(九州大学・農学部・助教授)
HAYAKAWA Isao(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
そばアレルゲンは分子量が8kDa〜40kDa位で分子量32k〜40kDaの大豆のGly m 30Kアレルゲンよりも遥かに小さい分子量の分画をより多く含むために、一般的にそばアレルゲンは大豆アレルゲンよりも遥かに耐熱性であり、剪断破壊にも強いものと考えられる。そこでソバアレルゲンの破壊に関する剪断効果について検討した結果、170℃下で剪断効果が顕著に認められ(γ^1≒3000sec^<-1>)、剪断処理が40-80回でELISA値は著しい減少を示した。 更に、アレルゲン破壊に及ぼす剪断効果はゲル濾過で分子量の低下として確認され、またムノブロットッテング法からアレルゲンの分解(破壊)は170℃、20分間の加熱よりも20回の剪断処理がより激しいことが示された。従って、ニ-デンッグスクリュー配置でRRL型を3組挿入した2軸エクストルーダーによる1回処理で約50%のそばアレルゲン(ELISA値)の減少を確認したが、その主たる要因は2軸エクストルーダーの剪断効果によることが確認された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
セン断破壊にともなう土粒子の挙動 by 藤川, 武信; 三輪, 晃一; Fujikawa, Takenobu; Miwa, Koichi
9
パルボウイルスB19抗原の作製 by 布上 董; NUNOUE Tadasu
4
良タンパク質米の育種 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
12
Detection of blotted proteins : methods and protocols by Kurien, Biji T; Scofield, R. Hal
1.
セン断破壊にともなう土粒子の挙動 by 藤川, 武信; 三輪, 晃一; Fujikawa, Takenobu; Miwa, Koichi
4.
良タンパク質米の育種 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
9.
パルボウイルスB19抗原の作製 by 布上 董; NUNOUE Tadasu
12.
Detection of blotted proteins : methods and protocols by Kurien, Biji T; Scofield, R. Hal