チュウゴクオナガコバチの有効性に関する研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

チュウゴクオナガコバチの有効性に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Effectiveness of Torymus (Syntomaspis) sinensis, an imported parasitoid of the chestnut gall wasp
責任表示:
村上 陽三(九州大学・農学部・教授)
MURAKAMI Yozo(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
1982年春に熊本県大津町のクリ園に放飼されたチュウゴクオナガコバチは、放飼後長期間にわたって低密度であったが、1991年以降定着個体群の性比が正常化したため、1992年以降増加傾向が認められるようになった。しかし、1995年現在でも寄生率はまだ約28%に過ぎない。熊本県におけるチュウゴクオナガコバチの増殖遅延の原因を明らかにするため、本種の終齢幼虫期における死亡率と随意的高次寄生者の二次寄生の程度を、茨城県の3箇所のクリ園における結果と比較したところ、両地域間で明瞭な違いが認められた。すなわち茨城県ではチュウゴクオナガコバチの終齢幼虫期の死亡率は低く、随意的高次寄生者の二次寄生率も低いが、熊本県ではいずれも著しく高く、これが増殖遅延の重要な要因になっていることが推察された。チュウゴクオナガコバチの終齢幼虫に二次寄生する随意的高次寄生者として、クリタマオナガコバチ、タマヤドリカタビロコバチ、トゲアシカタビロコバチ、クリタマヒメナガコバチ、トゲクリタマヒメナガコバチの5種が確認され、そのうちのトゲクリタマヒメナガコバチ、トゲアシカタビロコバチ、クリタマヒメナガコバチの3種が熊本県で重要な二次寄生者であることが明らかとなった。 チュウゴクオナガコバチとその近縁の土着種クリマモリオナガコバチは、初夏から秋にかけて終齢幼虫で長期休眠するが、その休眠覚醒の条件を明らかにするための予備的実験を行った。その結果チュウゴクオナガコバチは10℃処理でも15℃処理でも休眠を覚醒し、また覚醒後の発育は10℃でも認められたことから、今後の実験では低温処理区としては5℃、10℃、15℃の各区を設け、処理時間を5、10、15日間とし、無処理区を20℃または25℃に設定すべきであることが明らかとなった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
クリタマバチの生物的防除に関する研究 by 村上 陽三; MURAKAMI Yozo
7
Effect of Host–feeding on Reproduction in Ooencyrtus nezarae (Ishii) (Hymenoptera: Encyrtidae), an Egg Parasitoid of the Bean Bug Riptortus clavatus by Aung, Kyawt San Dar; Takasu, Keiji; Ueno, Takatoshi; Takagi, Masami; 髙須, 啓志; 上野, 高敏; 髙木, 正見
9
コナガの生物的防除に関する研究 : 2.卵寄生蜂2種の発育と温度の関係 by 平嶋, 義宏; 三浦, 一芸; 三浦, 正; 城, 耕治; Hirashima, Yoshihiro; Miura, Kazuki; Miura, Tadashi; Shiro, Koji
10
コナガの生物的防除に関する研究 : 4.卵寄生蜂2種の増殖能力に及ぼす温度の影響 by 平嶋, 義宏; 三浦, 一芸; 三浦, 正; 長谷川, 徹; Hirashima, Yoshihiro; Miura, Kazuki; Miura, Tadashi; Hasegawa, Toru
11
コナガの生物的防除に関する研究 : 5.卵寄生蜂2種の寄主密度に対する反応 by 平嶋, 義宏; 三浦, 一芸; 三浦, 正; 松田, 賢; Hirashima, Yoshihiro; Miura, Kazuki; Miura, Tadashi; Matsuda, Satoshi
12
コナガの生物的防除に関する研究 : 6.コナガの防除に利用する2種の卵寄生蜂の大量増殖法 by 平嶋, 義宏; 三浦, 一芸; 三浦, 正; Hirashima, Yoshihiro; Miura, Kazuki; Miura, Tadashi
1.
クリタマバチの生物的防除に関する研究 by 村上 陽三; MURAKAMI Yozo
7.
Effect of Host–feeding on Reproduction in Ooencyrtus nezarae (Ishii) (Hymenoptera: Encyrtidae), an Egg Parasitoid of the Bean Bug Riptortus clavatus by Aung, Kyawt San Dar; Takasu, Keiji; Ueno, Takatoshi; Takagi, Masami; 髙須, 啓志; 上野, 高敏; 髙木, 正見
9.
コナガの生物的防除に関する研究 : 2.卵寄生蜂2種の発育と温度の関係 by 平嶋, 義宏; 三浦, 一芸; 三浦, 正; 城, 耕治; Hirashima, Yoshihiro; Miura, Kazuki; Miura, Tadashi; Shiro, Koji
10.
コナガの生物的防除に関する研究 : 4.卵寄生蜂2種の増殖能力に及ぼす温度の影響 by 平嶋, 義宏; 三浦, 一芸; 三浦, 正; 長谷川, 徹; Hirashima, Yoshihiro; Miura, Kazuki; Miura, Tadashi; Hasegawa, Toru
11.
コナガの生物的防除に関する研究 : 5.卵寄生蜂2種の寄主密度に対する反応 by 平嶋, 義宏; 三浦, 一芸; 三浦, 正; 松田, 賢; Hirashima, Yoshihiro; Miura, Kazuki; Miura, Tadashi; Matsuda, Satoshi
12.
コナガの生物的防除に関する研究 : 6.コナガの防除に利用する2種の卵寄生蜂の大量増殖法 by 平嶋, 義宏; 三浦, 一芸; 三浦, 正; Hirashima, Yoshihiro; Miura, Kazuki; Miura, Tadashi