鉄鋼精錬用フラックスの粘度

閲覧数: 21
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄鋼精錬用フラックスの粘度

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Viscosity of Flux for Steel Refining
責任表示:
森 克己(九州大学・工学部・教授)
MORI Katsumi(九州大学・工学部・教授)
森 克巳(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1994-1995
概要(最新報告):
溶融スラグ・フラックス或いはガラス融体の粘度は、温度の変化に応じて溶融状態から固体状態に至るまで広域にわたって変化する。これらの融体の粘度は、金属精錬やガラスの成形・加工などの操業上での反応の速さや流動性に影響する制御因子の一つとして重要であり、また精錬プロセスにおける諸現象のモデルを解析するうえでも必要な基礎物理量である。そのため、粘度の正確な測定は学問的にも実用的にも重要な意味を持つ。本研究では、比較的測定可能な粘度範囲が広い外円筒回転式の粘度測定装置を作製するとともに、自作した装置の高温における検定を目的として、比較的底融点であるB_2O_3-Na_2O-SiO_2系融体の粘度測定を行った。 得られた結果は、以下のとおりである。 (1)室温で粘度が既知の標準試料を用いて装置定数に及ぼす各種因子(懸垂線の材質,長さ及び直径、るつぼの形状、るつぼの回転数、ロッドの浸漬けなど)の影響を調べ、最適測定条件の確立を行った。その結果、溶融スラグ・フラックスの広範囲な粘度範囲(10^<-2>〜10^2Pa・s)での測定が十分可能であることがわかった。 (2) B_2O_3-Na_2O-SiO_2系融体の粘度測定を行い、従来の報告値と比較検討した。その結果、高温での測定の再現性も良く、溶融スラグ・フラックスの粘度の測定温度域である1000〜1600℃でも測定が十分可能であることがわかった。 (3) B_2O_3-Na_2O-SiO_2 三元系の等粘度曲線および[BO_3]-Na_2O-[SiO_2+BO_4]擬三元系の等粘度曲線を作製した。これらの結果から、B_2O_3はB_2O_3濃度が高い領域では酸性的な挙動をし、B_2O_3濃度が低い領域では塩基性的な挙動をするものと推定された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
アミラーゼ生産菌のデオキシリボ核酸IV : アセトン乾燥菌体から調製した標品水溶液の粘度 by 大村, 浩久; 渡辺, 健治; 藤嶋, 信政; Omura, Hirohisa; Watanabe, Kenji; Fujisima, Nobumasa
7
溶銑-ソーダ灰間の反応の速度論的研究 by 森 克巳; Mori Katsumi; 森 克己
8
定平均曲率部分多様体の構成と応用 by 山田 光太郎; YAMADA Kotaro
11
クロム鉱石の溶融還元機構 by SUN Haiping; 森 克巳; MORI Katsumi
1.
アミラーゼ生産菌のデオキシリボ核酸IV : アセトン乾燥菌体から調製した標品水溶液の粘度 by 大村, 浩久; 渡辺, 健治; 藤嶋, 信政; Omura, Hirohisa; Watanabe, Kenji; Fujisima, Nobumasa
7.
溶銑-ソーダ灰間の反応の速度論的研究 by 森 克巳; Mori Katsumi; 森 克己
8.
定平均曲率部分多様体の構成と応用 by 山田 光太郎; YAMADA Kotaro
11.
クロム鉱石の溶融還元機構 by SUN Haiping; 森 克巳; MORI Katsumi