ジーンターゲティングによるNODマウス膵島浸潤リンパ球の機能解析

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジーンターゲティングによるNODマウス膵島浸潤リンパ球の機能解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Functional analysis of infiltrating lymphocytes in islets of NODmice by using gene targeting.
責任表示:
永淵 正法(九州大学・医学部・助手)
NAGAFUCHI Seiho(九州大学・医学部・助手)
永渕 正法(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1995
概要(最新報告):
免疫グロブリンμ鎖膜型エクソンをジーンターゲティングによって欠損されたB6・μMTマウスのヘテロ接合体(B6・μMT/+)をNODマウスに8回back crossし、Bリンパ球欠損NODマウスのヘテロ接合体を作製した。ヘテロ同士を交配させ、雌のwild type (NOD・+/+)、ヘテロ(NOD・μMT/+)、ホモ(NOD・μMT/μMT)をそれぞれ15、34、17頭得た。genotypeは、PCR法およびFlow cytometryによって決定した。3週毎に血糖を測定し、糖尿病の発症の有無を調べた。任意血糖が250mg/dl以上を糖尿病と診断した。全て、Supecific pathogen free (SPF)の環境下で飼育した。24週令までの雌の発症率は、+/+60%(=9/15)、μMT/+は59%(=20/34)であった。それに対しBリンパ球欠損NODマウスであるμMT/μMTは発症しなかった。雄も24週令で+/+が16%(=3/19)、μMT/+が15%(=15%)の発症を認めたのに対し、μMT/μMTは発症しなかった。なお、5回のbackcross終了時のヘテロ同士の交配によって得られたBリンパ球欠損マウスの病理組織で膵島炎は認められが、コントロールと比べて膵島炎の程度は軽度であった。以上のことから、Bリンパ球欠損NODマウスでは糖尿病の発症が著明に抑制され、膵島炎の程度は軽減された。Bリンパ球はNODマウスの糖尿病発症に必要と考えられた。さらに長期観察、病理組織学的検討、Flow cytometryによる浸潤リンパ球のCD4/CD8比の解析、Bリンパ球移入実験による膵島炎と糖尿病発症に関与するBリンパ球のsubpopulationあるいは抗原特異性の検討などを行なう予定である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
胸腺におけるT細胞レパトワ決定機構の解明 by 笹月 健彦; SASAZUKI Takehiko; 福井 宣規; FUKUI Yoshinori
5
ウイルス糖尿病の発症機構解明を目指して by 永淵 正法; NAGAFUCHI Seiho
5.
ウイルス糖尿病の発症機構解明を目指して by 永淵 正法; NAGAFUCHI Seiho
7.
胸腺におけるT細胞レパトワ決定機構の解明 by 笹月 健彦; SASAZUKI Takehiko; 福井 宣規; FUKUI Yoshinori