オオムギの雑種不稔に関する遺伝・育種学的研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

オオムギの雑種不稔に関する遺伝・育種学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
小西 猛朗(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1995
概要(最新報告):
オオムギにおける遺伝子支配による雑種不稔の報告は未だない.著者はオオムギおよび近縁野生種を含む多くの交雑実験の中で,中国の「大冶1」とエチオピアの「Mota 10」との雑種が部分不稔を示すことを見い出した.そこで,「大冶1」と「Mota 10」を検定親として種々の交雑実験を試みた. 1)正逆交雑F_1の種々稔性はいずれもおよそ75%と低下し,F_2では可稔型と不稔型の分離が7:5の分離比に適合した.さらに,戻し交雑ではF_1を雌親にしたとき交雑稔性が約75%に低下したが,逆交雑では正常な交雑稔性を示した.これらの結果から,この雑種不稔は細胞質の差異によって影響されることなく,2種の重複遺伝子(sfgおよびsfg2)によって支配され,両劣性遺伝子をもつ雌性配偶子のみが不稔となると結論した. 2)雑種不稔に関与する遺伝子の地理的分化を調べるために,「大冶1」と「Mota 10」を世界の多くの品種や近縁野生種spontaneum種の系統と交雑し,それらのF_1の稔性を調べ,各品種や系統の遺伝子型を推定した.「大冶1」と同じ遺伝子型sfg Sfg2をもつ品種は中国をはじめ,朝鮮半島や日本に分布していた.これに対して,「Mota 10」の遺伝子型Sfg sfg2をもつ品種は1例を除き,すべてエチオピアでみられた.両優性Sfg Sfg2遺伝子型は世界に広く分布するとともに,近縁野生種もこの遺伝子型であった.この結果に基づき,雑種不稔に関与する遺伝的分化について,つぎのように推論した.すなわち,オオムギの始原型はSfg Sfg2遺伝子型であり,世界に伝播する過程で,東アジア(おそらく中国)においてSfg→sfgの劣性突然変異が,エチオピアにおいてSfg2→sfg2の変異がそれぞれ独立に生起したと考えられる. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
栽培稻の地理的分化に関する研究 : 第6報 倒伏性の変異とその地理的分布 by 永松, 土巳; 石川, 丈雄; Nagamatsu, Tsutsuimi; Ishikawa, Humiwo
3.
栽培稻の地理的分化に関する研究 : 第6報 倒伏性の変異とその地理的分布 by 永松, 土巳; 石川, 丈雄; Nagamatsu, Tsutsuimi; Ishikawa, Humiwo
4.
栽培稲の地理的分化に関する研究 : 第7報脱粒性難易の変異とその地理的分布について by 永松, 土巳; 石川, 文雄; Nagamatsu, Tsutsumi; Ishikawa, Fumio
11.
禾本科植物の花粉の人工発芽試験について by 原田, 淳; Harada, Atsushi