共沸蒸留プロセスの開発支援システム

閲覧数: 11
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

共沸蒸留プロセスの開発支援システム

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
COMPUTER-AIDED DEVELOPMENT OF AZEOTROPIC DISTILATION PROCESSES
責任表示:
松山 久義(九州大学・工学部・教授)
MATSUYAMA Hisayoshi(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
(1)プロトタイプの作成 実存の共沸蒸留プロセスの中で最も多い,不均一2成分共沸物を利用する共沸蒸留に限定し,かつ,必要な物性値はすべてデータベース中に存在するものとして,共沸蒸留プロセスの開発支援システムのプロトタイプを設計し,パーソナル・コンピュータ上にプロトタイプを作成した。 (2)データベースおよび疑似データベースの作成 上記の判定に必要な物性値を収集し,1,706件の純物質物性,18,279件の2成分共沸温度と組成,921件の3成分共沸温度と組成を持つデータベースを作成した。 必要な物性がデータベース中に存在する場合にはそれを出力し,存在しない場合には推算して出力する機能を持ち,見かけ上の操作はデータベースの検索と全く同じであるようなシステム(疑似データベースと呼ぶ)を作成した。 (3)エントレーナ選択支援システムの評価 不均一2成分共沸物を利用する場合に限定してエントレーナの選択を行い,実プロセスで用いられているエントレーナと比較して,本システムの評価を行った。 (4)不均一3成分共沸物を利用する場合への拡張 不均一2成分共沸物を利用する共沸蒸留の次に多く実在する不均一3成分共沸物を利用する共沸蒸留に対して支援システムを拡張した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
日本の鉱山技術資料の総合的研究と総合目録の作成 by 井澤 英二; IZAWA Eiji; 中西 哲也; NAKANISHI Tetsuya
10
分散型異常診断システムの実用化に関する研究 by 松山 久義; MATSUYAMA Hisayoshi
7.
日本の鉱山技術資料の総合的研究と総合目録の作成 by 井澤 英二; IZAWA Eiji; 中西 哲也; NAKANISHI Tetsuya
10.
分散型異常診断システムの実用化に関する研究 by 松山 久義; MATSUYAMA Hisayoshi