個体脂肪族カルボニル分子の電子スペクトルと電子-フォノン相互作用

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

個体脂肪族カルボニル分子の電子スペクトルと電子-フォノン相互作用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Electronic Spectra of Aliphatic Carbonyls and Electron-phonon Couplings.
責任表示:
小柳 元彦(九州大学・理学部・助手)
KOYANAGI Motohiko(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
アセトンやアセトアルデヒドなどの脂肪族モノカルボニルは一般に凝縮相低温個体ではその電子スペクトルは 4.2Kにおいてすら、極めて幅広いバンドしか与えないことはよく知られている。ヘクサクロロアセトンのT-S吸収やりん光スペクトル(文献 M.Koyanagi et al.,Chem.Phys.5,107(1974)参照)以外はだれも振動微細構造解析に耐えるようなスペクトル観測に成功していないその主な原因は共存不純物や他の理由による多くのサイトの存在、就中、光照射による不純物の生成とそれらに基づく不均一場広がりによるものと考えられる。 当研究は上の原因のうち、特に問題と思われる後者の影響を出来るだけ抑える目的で、4.2K冷媒中で 試料を光照射中に一定のスピード(約 5 mm/min.)で移動させるように計画された。部分的この目論見は成功し、アセトン結晶ではほぼ300〜400cm^<-1>の間隔を持つバンドが観測された。かなり大きな試料(50mmφ x 100 μm)を移動させることやバブルの問題などからくる信号のふらつきという技術的に克服すべき問題が残っているが、このperliminaryな研究によってある程度の見通しが得られたものと考えられる。この他、同様な手法を用いてヘキサクロロアセトン結晶のS_1←S_0吸収スペクトルの微細構造解析に初めて成功した。また、極低温におけるトルエンからベンジルラジカルの生成に至る過程の一連の研究、同ラジカルのスペクトル研究はホストの中に生成されたラジカルやそのまわりのホスト分子の形態の影響を調べる上で非常に貴重な情報を与えた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
システインの鹽化亞鉛二トロプルシッド反應に就て by 奥田, 譲; 西島, 裕樂; Okuda, Yuzuru; Nishijima, Yuraku
8.
システインの鹽化亞鉛二トロプルシッド反應に就て by 奥田, 譲; 西島, 裕樂; Okuda, Yuzuru; Nishijima, Yuraku