光合成過程における化学エネルギーの生産・消費からみたCO2固定反応調節機構

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

光合成過程における化学エネルギーの生産・消費からみたCO2固定反応調節機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
CO2 fixation adjustment mechanism explained by the chemical energy production and consumption balance in photosynthesis
責任表示:
窪田 文武(九州大学・農学部・助教授)
KUBOTA Fumitake(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
本研究は平成5年度と6年度の2か年にわたり、科学研究補助金(一般研究B)の支給を受けて行われたものである.本実験研究の目的は、光合成に関わる葉内の化学エネルギーの供給、すなわち光エネルギー量(Source)とそれを使用して行われる炭酸固定作用で消費されるエネルギー量(Sink)、両者のバランスの視点から、明反応系と暗反応系の作用機作を理解し、光合成における光エネルギー利用効率向上のための基礎的知見を得ようとするものである。具体的には、個葉を種々の環境下におき、それに対するガス代謝反応を捉え、明暗光合成反応の相互関係や光合成関連酵素(RuBPカルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ)の活性について解析を試みた。既に本研究では、いくつかの新しい手法を開発し、また、それを応用を行っている.その一つとして、表皮剥離法があげられる.個葉の表皮を剥離し、葉肉のガス交換速度を直接同化箱で測定することが可能であり、葉肉光合成速度の測定値から光合成関連の主要酵素(RuBPカルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ)のin vivo活性の推定が可能となった。本年度では、カンショ個葉とマングビーン個葉を対象に酵素活性と環境(CO2濃度、光強度、温度)条件との関係を解析した.また、これまでに回転セクタにより間欠照射法を改良進めてきたが、本法を応用し葉内のエネルギー状態を変化、調節して、それに対する光合成反応を解読することにより、エネルギーを背景とする明暗反応系の作用およびRuBPカルボキシラーゼとRuBPオキシゲナーゼの相対活性等について解析することに成功した。CO2固定反応の調節機構の解明の手がかりを得ることができたものと判断される.今後、研究を深めることにより、さらに新しい研究手法の開発やその応用による新しい知見を得られ、CO2固定反応調節機構をより鮮明に理解することができる.また、光合成のエネルギー利用効率向上のための作物生理、育種上の理論の構築や実用的な手法の開発が可能となろう.この2か年間で得られた成果の一部は学術雑誌に発表、印刷済である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
多現象同時測定による樹木生理機能の解析 by 小林 芳親; KOBAYASHI Yoshichika
4.
多現象同時測定による樹木生理機能の解析 by 小林 芳親; KOBAYASHI Yoshichika