アミド結合の配座制御に基づく新規不斉補助基,2,2-置換オキサゾリジン

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

アミド結合の配座制御に基づく新規不斉補助基,2,2-置換オキサゾリジン

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
2,2-Disubstituted Oxazolidines, New Chiral Auxiliaeies Based on the Conformational Control at the Amide Linkage.
責任表示:
金政 修司(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
KANEMASA Shuji(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
本研究を通して,4位に置換基をもつホモキラルな2,2-ジ置換オキサゾリンが,次の点で優れた不斉補助基として働くことが明らかとなった.すなわち,1.この不性補助基は入手容易な光学活性α-アミノ酸から短段階(2段階)の反応で収率良く合成できる,2.そのN-アミド誘導体におけるアミド結合は,2位置換基とアミド置換基との立方相互作用によりZ-異性体が安定配座となる,3.^1HNMRスペクトルによる検討から,N-不飽和アミド誘導体はZ/s-cis異性体が最も有利な安定配座である。4.不飽和アミド誘導体とニトリルオキシドとの1,3-双極性環状付加反応は最高100%deの選択性で進行する,5.不飽和アミド誘導体とニトロナ-トとの反応のジアステレオ面選択性も高い,6.塩化トリメチルシリル存在下での不飽和アミド誘導体に対するキュプラートの共役付加反応も最高100%deの選択性で進行する。7.これらの反応における生成物の主ジアステレオマ-は,オキサゾリジンのN-不飽和アミド誘導体のZ/s-cis配座における4位遮蔽置換基の反対のジアステレオ面での反応生成物である,8.プロパンアミド誘導体から生成するZ-エノラートとハロゲン化アルキルとのアルキル化反応は,高いジアステレオ面選択性で進行する,9.このZ-エノラートとα,β-不飽和カルボニル化合物とのMichael付加反応はアンチ選択的で,ほぼ完全なジアステレオ面制御を達成できる,10.これに対して,オキサゾリジンのN-不飽和アミドをアクセプターとして用いるMichael付加反応のジアステレオ面選択性は低い,11.この不斉補助基は不斉アルドール反応にも有効である,12.結局,オキサゾリジン不斉補助基は求核反応剤(α,β-不飽和アミドとして)のみならず求電子反応剤(リチウムエノラートとして)に導入して用いても,高効率的キラリティー制御が行える優れた不性補助基である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
1,3-双極性環状付加反応の不斉触媒化 by 金政 修司; KANEMASA Shuji
9
Hydro-conversion of 1-methyl naphthalene into (alkyl)benzenes over alumina-coated USY zeolite-supported NiMoS catalysts by Park, Joo-Il; Lee, Jihn-Koo; Miyawaki, Jin; Kim, Young-Kwang; Yoon, Seong-Ho; Mochida, Isao; 尹, 聖昊
12
触媒的二重活性化型不斉反応の開発研究 by 金政 修司; KANEMASA Shuji
7.
1,3-双極性環状付加反応の不斉触媒化 by 金政 修司; KANEMASA Shuji
9.
Hydro-conversion of 1-methyl naphthalene into (alkyl)benzenes over alumina-coated USY zeolite-supported NiMoS catalysts by Park, Joo-Il; Lee, Jihn-Koo; Miyawaki, Jin; Kim, Young-Kwang; Yoon, Seong-Ho; Mochida, Isao; 尹, 聖昊
12.
触媒的二重活性化型不斉反応の開発研究 by 金政 修司; KANEMASA Shuji