超高速艇の横安定性における不安定現象に関する研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

超高速艇の横安定性における不安定現象に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Study on Unstable Phenomena in Transverse Stability for High Speed Craft
責任表示:
貴島 勝郎(九州大学・工学部・教授)
KIJIMA Katsuro(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
高速艇が十分な復原性を有している場合でもある船速以上になると横不安定現象を生じることはよく知られている。近年大型高速艇の出現と相俟ってこの現象に対する対策の必要性が高まってきた。この種の現象は複雑なことから重要であるにも拘らず今日まで国内外を問わずその解明の検討はなされていない。本研究では排水量型高速艇を対象に船底に作用する動圧に着目し,横不安定現象の発生メカニズムについて検討を行った。計算手法としては船速トリムや横傾斜角を既知として丸尾の細長体理論を適用して動圧を計算し船速と横傾斜の相関を求めると同時にその発生メカニズムを検討した。計算対象船型は船長3.6mの横型船で、横傾斜モーメントの計算値はフル-ド数0.8以上から増大しており,この船速を越えると横傾斜角が急に増大することを示した。これは膜型実験結果でも同様の傾向を示しており、ある船速以上で横傾斜角が増大しており従って横傾斜モーメントも増大したものと考えられる。即ち船速の増加に伴って動圧の分布が変化する。一度外乱等によって横傾斜した船体は動圧によって傾斜角を増大させる横傾斜モーメントが作用する。またこの横傾斜に伴い傾斜角を増大させる横傾斜モーメントが作用する。またこの横傾斜に伴い動圧の長さ方向分布も変化することになり回頭モーメントが発生することも分かった。 以上の結果から横不安定現象の一つの原因は船速の増加に伴って造波流体力が現われ,これによる動圧が船底に作用するために生じること,また横傾斜の増加に伴って動圧分布が変わり,横傾斜角を増大させると同時に回頭モーメントも作用することになると言える。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
ケ-ブル布設船の運動制御に関する研究 by 貴島 勝郎; KIJIMA Katsuro
12
海水打ち込みによる船舶の転覆機構の研究 by 大楠 丹; 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
4.
ケ-ブル布設船の運動制御に関する研究 by 貴島 勝郎; KIJIMA Katsuro
12.
海水打ち込みによる船舶の転覆機構の研究 by 大楠 丹; 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru