繰返し軸方向力を受けるコンクリート充填鋼管部材の座屈挙動と耐震性能に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

繰返し軸方向力を受けるコンクリート充填鋼管部材の座屈挙動と耐震性能に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Buckling Behavior and Earthquake resistant capacity of Concrete-Filled Tubular Columns under Cyclic Axial Loading
責任表示:
松井 千秋(九州大学・工学部・教授)
MATSUI Chiaki(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
鋼管コンクリート短柱および中空鋼管短柱試験体(平成5年度),鋼管コンクリート中・長柱試験体(平成6年度)に対して一定軸方向変位振幅での繰り返し軸力載荷試験を行い,軸方向変位振幅,鋼管の径厚比,コンクリート充填の有無に対するエネルギー吸収能力,局部座屈・亀裂破断の発生時期を調べた.さらに,これに対する複合非線形解析によるシミュレーションを行った.この結果,以下の成果が得られた. 1.鋼管の亀裂破断発生までのエネルギー吸収量は,コンクリートを充填することにより大幅に増大する. 2.鋼管の亀裂破断発生までのエネルギー吸収量は,単調引張軸力を受ける場合より増大する. 3.局部座屈は,部材中央付近で生じるが,細長比によって軸方向変位と曲げ座屈変形の歪の組み合わせが変化し,局部座屈およびそれに引き続く亀裂破断までの荷重の繰り返し数は,細長比の関数で表される. 4.筆者らによって開発された有限要素法による複合非線形解析によっておおむね実験挙動が予測できた. 5.鋼管の亀裂破断に至るまでのエネルギー吸収能力の評価式を実験結果から求めた.また,これに対する理論的検証を4.の解析により行った. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
段差を有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部パネルに関する実験的研究 by 牟, 犇; Mou, Ben; 松尾, 真太朗; Matsuo, Shintaro; 池田, 竜輔; Ikeda, Ryusuke; 河野, 昭彦; Kawano, Akihiko
3
繰返し載荷を受けるコンクリート充填鋼管部材に対する各種解析モデルの解析精度の比較 by 白, 涌滔; 小俵, 慶太; 河野, 昭彦; 松尾, 真太朗; Bai, Yongtao; Odawara, Keita; Kawano, Akihiko; Matsuo, Shintaro
3.
繰返し載荷を受けるコンクリート充填鋼管部材に対する各種解析モデルの解析精度の比較 by 白, 涌滔; 小俵, 慶太; 河野, 昭彦; 松尾, 真太朗; Bai, Yongtao; Odawara, Keita; Kawano, Akihiko; Matsuo, Shintaro
8.
段差を有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部パネルに関する実験的研究 by 牟, 犇; Mou, Ben; 松尾, 真太朗; Matsuo, Shintaro; 池田, 竜輔; Ikeda, Ryusuke; 河野, 昭彦; Kawano, Akihiko