超高精度熱量測定による配向分子集合体の混和性の研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

超高精度熱量測定による配向分子集合体の混和性の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
STUDY ON MISCIBILITY OF MOLECULES IN ORIENTED MOLECULAR ASSEMBLIES BY HIGH RESOLUTION CALORIMETER
責任表示:
本村 欣士(九州大学・理学部・教授)
松原 顕(九州大学・理学部・教授)
MATSUBARA Akira(九州大学・理学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1995
概要(最新報告):
サーマルアクティビィティモニターにより、非イオン性界面活性剤であるテトラおよびトリエチレングリコールモノオクチルエーテルと水との混合熱を、活性剤の重量モル濃度と温度の関数として精密に測定した。超高感度である測定装置の感度及び測定精度を十分に満足する結果が得られた。界面活性剤混合系の熱量測定は現在進行中であるが、以下にこれまで得られた測定結果と熱力学的解析からの情報の内の幾つかを述べる。 1.混合熱が活性剤濃度と温度の関数として精密に測定された。得られた値は負であり、活性濃度の増加及び温度の低下にともないその絶対値は大きくなった。臨界ミセル濃度(CMC)近傍を境に混合熱の濃度依存症に大きな変化が観測された。 2.モノマーおよびミセルの微分溶解熱が精度良く計算された。活性剤の純液体状態からの溶解は発熱的であり水中でのミセル形成は吸熱的であった。また分子間相互作用を反映して温度依存性が顕著あった。 3.測定が高精度でなされたことにより、これまで計算されていなかった活性剤の溶解に伴う水の部分モルエンタルピーを計算することができた。これにより水の立場からみるとミセル形成は発熱的であることやミセル中での親水雰囲気での水和に関する情報が得られた。 以上の結果の他に、これまでなされていない水/油界面形成熱および吸着熱の直接測定が進行中である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
有機溶媒中における二分子膜の形成 by 国武 豊喜; KUNITAKE Toyoki
11
反応拡散系のパターン形成と制御 by 坂口 英継; SAKAGUCHI Hidetsugu
8.
有機溶媒中における二分子膜の形成 by 国武 豊喜; KUNITAKE Toyoki
11.
反応拡散系のパターン形成と制御 by 坂口 英継; SAKAGUCHI Hidetsugu