STMその場観察と分子動力学解析による超微視レベルでのき裂先端の破壊機構の解明

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

STMその場観察と分子動力学解析による超微視レベルでのき裂先端の破壊機構の解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Clarication of fracture mechanism in front of crack tip with in-situ STM observation and molcular dynamics analysis
責任表示:
西谷 弘信(九州大学・工学部・教授)
野口 博司(九州大学・工学部・助教授)
NOGUCHI Hiroshi(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1995
概要(最新報告):
本研究は,解析的研究と実験的研究から成り立っおり,以下の新しい知見が得られた。 超微視的解析のための(分子シミュレーション+連続体力学)の新解析法について以下のように開発した。 (1)分子動力学と体積力法を接合した新しい数値解析方法を開発した。 (2)この方法により小規模降伏条件下での破壊挙動を解析したが,破壊現象を超微視的にとらえること,有限体を解析することの相反するテーマを同時に満足する優れた方法であることが確認された(MDの欠点は領域,時間について解析が工学的なオーダーまで可能でないことであったがそれらの問題はほぼ解消された)。 (3)この方法をさらにトライボロジーの問題に適応し,摩耗現象・焼付き現象の原子レベルでの検討も行い新しい知見が得られが、その結果の妥当性については,改めて実験的検証を行うべきことが結論された。 原子間力顕微鏡AFMによる破壊過程原子レベルでの観察を行った。 (4)炭素鋼の高サイクル疲労における疲労き裂発生機構を原子間力顕微鏡AFMによって超微視的に観察及びエッチピットによる結晶方位の確定によって,すべりの不可逆量を基準にした,新しい疲労き裂発生モデルを提案した。この研究方法によれば,他の疲労き裂発生メカニズムを微視的レベルで解明されることが確認された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
ナノ/マイクロ破壊力学の構築 by 野口 博司; NOGUCHI Hiroshi
8
走査プローブ顕微鏡と局所分光 : 実戦ナノテクノロジー by 重川, 秀実; 吉村, 雅満; 坂田, 亮; Kawazu, Akira
4
燃料電池構成材料の疲労強度に及ぼす水素雰囲気の影響 by 吉村 達彦; 野口 博司; NOGUCHI Hiroshi
11
有機分子のSTM/AFM by 応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会
1.
ナノ/マイクロ破壊力学の構築 by 野口 博司; NOGUCHI Hiroshi
4.
燃料電池構成材料の疲労強度に及ぼす水素雰囲気の影響 by 吉村 達彦; 野口 博司; NOGUCHI Hiroshi
8.
走査プローブ顕微鏡と局所分光 : 実戦ナノテクノロジー by 重川, 秀実; 吉村, 雅満; 坂田, 亮; Kawazu, Akira
11.
有機分子のSTM/AFM by 応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会