均一沈殿法により合成したリン酸カルシウム系化合物の形態

閲覧数: 42
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

均一沈殿法により合成したリン酸カルシウム系化合物の形態

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
永島 聡子(九州大学・工学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993
概要(最新報告):
1.尿素の加水分解((NH_2)_2+3H_2O → 2NH_4+CO_2↑)を利用して硝酸カルシウムとリン酸水素二アンモニウムの水溶液からCa_8H_2(PO_4)_6・5H_2Oの合成を行ったところ尿素濃度の増加とともに形態が針状から薄片状へと変化した。 2.尿素の加水分解による硝酸カルシウム水溶液からの炭酸カルシウム結晶析出について、90℃でマグネシウムイオンおよびバリウムイオンが炭酸カルシウムの形態に及ぼす影響を調べ、次の結果が得られた。 (1)マグネシウムイオンの共存は、針状アラゴナイトからサイコロ状カルサイトへの転移を抑制した。針状アラゴナイトの粒径は、マグネシウムイオンの添加によって小さくなるが、均一なサイズのアラゴナイトの生成には最適の添加量が存在した。マグネシウムイオンの炭酸カルシウムへの固溶は認められなかった。 (2)バリウムイオンは板状バテライトの生成を促進した。バテライトは90℃ではカルサイトへ転移し、室温ではアラゴナイトへも転移した。バリウムイオンの炭酸カルシウムへの固溶は認められなかった。 3.硝酸ジルコニルの加水分解による針状のジルコニア水和物の生成における溶液温度、硝酸ナトリウムの影響について検討した。 (1)30〜90℃の合成で、硫酸ナトリウムの添加により沈殿の析出が促進され、その粒子形態は溶液温度、硫酸ナトリウム濃度に大きく依存し、球状あるいは針状の粒子が得られた。針状粒子に含まれる硫酸根量は原料濃度比(Na_2SO_4/ZrO(NO_3)_2=1〜2(モル))に関係なくほぼ一定(SO_3/ZrO_2=0.7(モル))だった。 (2)合成した針状のジルコニア水和物粒子にイットリアを被覆し、800℃で熱処理を行い、針状のイットリア安定化ジルコニア粒子を得た。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
リン酸カルシウム系骨置換材の開発 by 若江 皇絵; WAKAE Hanae
4.
リン酸カルシウム系骨置換材の開発 by 若江 皇絵; WAKAE Hanae