完備リーマン多様体の幾何的性質と理想境界との関係について

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

完備リーマン多様体の幾何的性質と理想境界との関係について

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
塩谷 隆(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993
概要(最新報告):
完備でR^2に同相なリーマン多様体をリーマン平面と呼ぶ。リーマン平面の全曲率はCohn-Vossenの定理により2pi以下であることが知られている。以前の研究において、リーマン平面内の極大測地線の振舞いについて全曲率が2piより小さい場合に調べた。ここで極大測地線とはR上で定義された一点でない測地線である。今年度の研究では全曲率が丁度2piのとき、および境界を持つ2次元リーマン多様体の測地線の振舞いについて結果を得た。この研究において理想境界の概念は非常に重要である。具体的には次を証明した。全曲率が2piのリーマン平面をMとするとき、任意の数nに対して、Mのあるコンパクト集合K_nが存在し、K_nの外側にある任意のMのproperな極大測地線に回転数がn以上の部分弧が存在する。ここで測地線がproperとはRからMへの写像としてproperということであり、回転数とはwhitneyが定義した位相的な回転数である。さらに、Mの全ての閉測地線がある一つのコンパクト集合に含まれるような全曲率をもつリーマン平面の極大測地線の振舞いについて調べた。このようなMはexpanding,contractingと呼ばれる2つのクラスに分類される。Mがcontractingのとき、Mのある十分大きなコンパクト集合の外側には極大測地線は存在しない。一方Mがexpandingのとき、そのような極大測地線は必ず存在し、その位相的な形は決定される。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
正曲率リーマン多様体について by 塚本, 陽太郎; TSUKAMOTO, YOUTAROU
4
微分方程式と部分多様体論 by 宮岡 礼子; MIYAOKA Reiko
5
定平均曲率部分多様体の構成と応用 by 山田 光太郎; YAMADA Kotaro
11
アレキサンドロフ空間上の解析学 by 塩谷 隆; SHIOYA Takashi
12
アレキサンドロフ空間の位相構造 by 鎌田 正良; 塩谷 隆
4.
微分方程式と部分多様体論 by 宮岡 礼子; MIYAOKA Reiko
5.
定平均曲率部分多様体の構成と応用 by 山田 光太郎; YAMADA Kotaro
7.
ワイエルストラス型表現公式の一般化と応用 by 山田 光太郎; YAMADA Kotaro
8.
正曲率リーマン多様体について by 塚本, 陽太郎; TSUKAMOTO, YOUTAROU
10.
リーマン多様体とその極限 by 大津, 幸男
11.
アレキサンドロフ空間上の解析学 by 塩谷 隆; SHIOYA Takashi
12.
アレキサンドロフ空間の位相構造 by 鎌田 正良; 塩谷 隆