五胡十六国時代の史書群の復元に関する基礎的研究

閲覧数: 16
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

五胡十六国時代の史書群の復元に関する基礎的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
小林 聡(九州大学・文学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993
概要(最新報告):
本年度は、五胡十六国時代を扱った中国史書の系統を確認した。当該時代は中国史上でも稀にみる動乱の時代であり、しかも、少数民族政権が重要な役割を果たしているという意味で、興味深い研究対象であるといえよう。 しかしながら、この時代の史料は零細であり、かつ各史書に記述が散らばっている。そこで、北魏崔鴻の著作『十六国春秋』を中心にして、その記述の伝承経路をさぐってみた。その結果おおよそ下のような模式図を想定することができた。
本文を見る

類似資料:

3
五胡十六国の基礎的研究 by 三崎, 良章
9
山陰地域の弥生時代建築に関する実証的復元研究 by 浅川, 滋男; 鳥取環境大学浅川研究室
5
五胡十六國考鏡 by 曹, 溶; 陶, 越; 石, 延年
3.
五胡十六国の基礎的研究 by 三崎, 良章
5.
五胡十六國考鏡 by 曹, 溶; 陶, 越; 石, 延年
9.
山陰地域の弥生時代建築に関する実証的復元研究 by 浅川, 滋男; 鳥取環境大学浅川研究室